2017年01月17日

歯を清潔に、できれば1~2週間に最低1回は歯垢を取ろう。

はい、今回は歯垢のお話です。

歯垢のたまり具合は人により違いますが
歯が重なっているとかだとどんなに頑張って
歯磨きしても歯ブラシが届かない部分に歯垢がたまります。

それで歯の内側を定期的に鏡で見ると
歯垢が溜まっているのがわかるんですよね。

そこで活躍するのが歯垢取り。
100円均一で売っているようなものから

このような本格的なものまであります。
両頭スケーラー T042-6414(16.5CM)
[ Amazon ]

自分は100円均一のものを買ってきまして
うまくいくかを確認して
本格的なものを買うように気をつけました。

スケーラーを使う上で大事なのは
歯医者さんでは、ガリガリと削っている感じなのですが

それはちゃんと勉強しているからであって
素人の歯垢取りではなるべくなぞるように。

歯垢が歯石に変わる直前にさえならなければ
触るだけでほぼ取れますので
早めにケアするようにするのが大事だと思います。

スケーラーで歯垢を取った後に
まだちょっと細かいのが残ってるという場合があり

そういう場合には以下を使いピンポイントで
歯をブラシに当てて歯垢を落とします。
ポイントブラシ
[ Amazon ]

ブラシが三角になっているので
ピンポイントで磨けます。

スケーラーが怖いって場合は
こちらがおすすめ。

ただしこれは少し歯垢が溜まっただけ、では落ちますが
少し固まってきたという場合には取れません。

3日ぐらいで定期的に使うか
スケーラーで歯垢をあらかた取ってからの使用になります。

とまあこんな感じで
食べ物を食べている限りは歯垢は溜まりますので

日々のケアをしていれば
歯垢は溜まりにくくなり、息の臭さも改善するよ。
みたいな。

本当は 電動歯ブラシ を使えばいいのだけれども
あれ怖そうで使えません。

以上。

おすすめリンク

エビス ポイントブラシ
両頭スケーラー T042-6414(16.5CM)
Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

歯の裏側をチェックミラーで見て歯垢をチェック
歯の磨き残しで残った歯垢をポイントブラシで除去。
歯磨きをした後のデンタルリンスで歯垢をつきにくくする(予防)。
GUMデンタルリンスを購入、就寝前に使用し寝起きの粘つきを防ぐ
歯のステイン(着色汚れ)を少しずつ落とすクリニカ エナメルパール ホワイト

このページを見た人はこの商品が気になっています

エコノミー歯鏡セット(丸柄) 22MM(E250-270)
歯鏡/デンタルミラー
両頭スケーラー T042-6414(16.5CM)
歯石屋くん ピック&ピック チタン
GUM(ガム)・デンタルリンス ナイトケア (ナイトハーブタイプ) 900mL (医薬部外品)


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品簡易レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック