2017年03月15日

【解決済み】ロジクール キーボード K270 入力がワンテンポ遅れる。

はい、最近購入しましたキーボードに
慣れるために色々と記事を連続して書いております。

ちなみに購入したキーボードは以下です。

Logicool ロジクール フルサイズ 薄型 ワイヤレスキーボード
テンキー付 耐水 静音設計 USB接続 3年間無償保証ボード
Unifying対応レシーバー採用 K270

[ Amazon ]

レビューはこちら、画像もあります。

ロジクール ワイヤレスキーボード K270 を購入。

それでブログタイトルを見て遅延があるのか、
駄目なキーボードじゃのう、ってなると困るので

この記事のネタバレですが
キーボードを押してからの遅延はない、です。

ブログのタイトルと正反対だよって感じですが
わくわくしながら?お読みください。
(^o^)ノ

それでは本筋を。

こうしてブログの記事を新しいキーボードで打っていて
使いやすいなあ・・・とランラン気分で打っていたときの事。

何か、ワンテンポ、遅れて、入力、されるよ。
急にキーを入力しているのを表示するのに動作が重くなった感じ。

???
購入したばかりなのにハズレかなあ。

原因を探す。
まずは定番のキーボードの電源を ON/OFF である。

電源を入り切りしても
すぐ繋がって入力できる。

いい仕事しているなあ、とは思っても
ワンテンポ遅れるまま。

ほかのメモ帳を起動して打ってみる。
ワンテンポ遅れる。

ノートで作業しているので
ノートのキーボードはどうなんだろう、打つ、やはりワンテンポ遅れる。

ノート付属のキーボードでも遅れるのなら
この商品だけの問題ではない、複合問題ですな。

とりあえず困ったときのタスクマネージャを起動。
眺める。

ブログを書いているブラウザが
10~60%でウロウロ。

原因はこれかな?
ほかのフォルダとか選択してを開く
もたつく。

これかあ・・・。
ブラウザを停止。

すると今までのように快適に入力できるようになる。
つまりブラウザの暴走で Windows 全体の動作がもたついていた訳ね。

という事で
今回の遅延の原因はブラウザの暴走でしたが

普通に Windows が稼働している状態なら
キーボードを打っていての遅延は
感じないほど素早く打てるという事を確認。

※遅延があったときはすぐに異変に気づきましたからね。

安価なのに中々の業物でござる、このキーボード。

以上。

この記事で紹介している商品はこちら

Logicool ロジクール フルサイズ 薄型 ワイヤレスキーボード
 テンキー付 耐水 静音設計 USB接続 3年間無償保証ボード
 Unifying対応レシーバー採用 K270

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

ロジクール ワイヤレスキーボード K270 を購入。
ロジクール ワイヤレスキーボード K270 をしばらく使用してみて
ロジクール ワイヤレスキーボード K270 ホットキーが便利。
【猫背・老眼対策】ノートパソコンの前にキーボードを置いて使ったら。
ロジクール ワイヤレスキーボード K370sを購入。
ロジクール ワイヤレスキーボード K270とK370sを購入 比べて。
ロジクール キーボード K370s 10分操作なしでも1文字欠けない。
ロジクール キーボード K370s、F1~F12 の押し間違え。
ロジクール 無線式キーボード 掃除が楽 (キーボードバンバンが出来る)
ロジクール ワイヤレスキーボード K270とK370sを1ヶ月以上使用して


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品簡易レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447816847

この記事へのトラックバック