2017年03月27日

ロジクール ワイヤレスキーボード K370sを購入。


はじめに

何台もパソコンやタブレットがあり
キーボードが部屋に3台もある自分です。
それで少し前に無線のキーボードを購入しまして

簡易レビュー、画像もあるよ。
ロジクール ワイヤレスキーボード K270 を購入。

これが中々使用しやすい。

それで無線のキーボードもいいなと思いまして
色々調べたところ ロジクールの Unifyingレシーバーと
Bluetooth 両方に接続できて3台まで接続できる
キーボードがあるらしい。

自分の用途ではパソコン2台とタブレット1台を
1台のキーボードで接続できるならキーボードが少し減るよ。

という訳で部屋が片づくならと思って購入。

【 目次へ戻る 】

購入した商品

そんな訳で部屋が片づくならと思って購入。

LOGICOOL ロジクール K370s
PC/スマホ/タブレット対応 マルチデバイス
Bluetooth ワイヤレス キーボード (スタンド付属)

[ Amazon ]

【 目次へ戻る 】

商品画像

画像です。

箱。

LOGICOOL_K370s_170325_001.jpg

開けるとレシーバーがあります。
電池も出てくるので落とさないように注意。

LOGICOOL_K370s_170325_002.jpg

キーボード・タブレット置き・電池・レシーバー・説明書・保証書。

LOGICOOL_K370s_170325_003.jpg

キーボード [ クリックして拡大できます ]
スクリーンキャプチャキー等がありませんが

キャプチャは fn+insert
電卓は fn+page up

LOGICOOL_K370s_170325_004.jpg

レシーバーとタブレット置き。
8インチの Amazon Fire HD 8 を置いても大丈夫。

LOGICOOL_K370s_170325_005.jpg

この白いキーを押して接続先を切り替えます。

LOGICOOL_K370s_170325_006.jpg

電池は裏側で電源スイッチも裏側です。
電池は 単4を2本で動作。

LOGICOOL_K370s_170325_007.jpg

キーボードは角度を変更可能、立てるとこのぐらい。

LOGICOOL_K370s_170325_008.jpg

はい、画像はこんな感じ。

【 目次へ戻る 】

使用前の準備

使用するのには付属のレシーバーをパソコンに刺すか

手持ちのレシーバーを刺して以下を使用して
認識させます。

Unifying Software

設定方法はこちらに書いてあります。
設定方法

このキーボードは1台で3つの機器に接続できますので
※3台同時送信は出来ない、あくまで切り替えた1台だけ

【 目次へ戻る 】

切り替えは方法

切り替えは簡単で
白いキーの1~3を押すだけ。
それだけで接続先を切り替えられます。

ただデフォルトだと F1~F12 までキーを押すのに
fnキーを同時押ししなくてはならないので

面倒という場合には fn+esc を押すと
F1 を押すと F1 キーが押されるように切り替えできます。

※この設定をした場合、今度はキーボードの切り替えは
 fn+1~3キーを押すことになります

【 目次へ戻る 】

Bluetooth での接続方法

切り替えのお話のついでなので
タブレットでの Bluetooth での接続方法。

タブレットの設定より
Bluetooth を ON にして設定を開き

キーボードの登録する白いキーを3秒以上押す。
キーボードのランプがピカピカ早くなった状態で
今度はタブレットのペアリングを選択。

LOGICOOL_K370s_170325_013.jpg

ペアリングの表示が出るので
数値を入力して Enterキー で設定は終わりです。

LOGICOOL_K370s_170325_011.jpg

さらについで。
タブレット置きに Fire HD8 を載せて入力。
Bluetooth 入力可能。

LOGICOOL_K370s_170325_009.jpg

斜めから見るとこんな感じ

LOGICOOL_K370s_170325_010.jpg

ちなみに Android 4.2 のタブレットも接続しようとしてみたが
認識はするけど動かない。
外箱に Android 5 と書いてあるのでそれ以下は駄目なのだろうか。

【 目次へ戻る 】

Windows、iOS、MacOSへ切り替え

Windows で Ctrl,alt,スタートのキーが変。
という場合には fn+p を3秒以上長押しで
Windowsの設定になります

同じように iOS は fn+i で
MacOS は fn+o でキーの切り替えが可能です。

詳しくは以下のリンクの取扱説明書 ( PDF注意 ) の
デュアルレイアウト の設定にて
K375s k375s-multi-device.pdf

【 目次へ戻る 】

使用感想

それで今現在、このブログを書くのに Win7 で使用していますが
キーは優しく沈み込むような感じですか。
中々打ちやすくてよろしいです。

キーボードの切り替えもパパッと出来て繋がるし
キー入力の遅延もなし、いいキーボードですね。
キーもカチャカチャというかカタカタって感じで静かだし。

※無音とはいきませんが

【 目次へ戻る 】

放置していても1文字かけない

あと販売サイトのレビューにもある待機状態から復帰すると
最初に打ったキーがかけるですが

5分ほど何も触らずに待って
キーを押したけれども普通に入力されるのである。 ( Win7 , Win10 )

Android とかの問題なのか、
それとももう少し待たないと待機状態にならないのか。
判明したら追記って事で。

推測ではありますが
Windows の 電源オプション → プラン設定の編集 で
USB のセレクティブ サスペンド の設定が 有効 になっているだからかも。

※これが有効になっているとしばらく USB を使用していないと
 節電するために電源が自動で OFF になる機能です。

以上。

この記事で紹介している商品はこちら

LOGICOOL ロジクール K370s
 PC/スマホ/タブレット対応 マルチデバイス
 Bluetooth ワイヤレス キーボード (スタンド付属)

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

ロジクール ワイヤレスキーボード K270 を購入。
ロジクール ワイヤレスキーボード K270 をしばらく使用してみて
【解決済み】ロジクール キーボード K270 入力がワンテンポ遅れる。
【猫背・老眼対策】ノートパソコンの前にキーボードを置いて使ったら。
ロジクール ワイヤレスキーボード K270とK370sを購入 比べて。
ロジクール キーボード K370s 10分操作なしでも1文字欠けない。
ロジクール キーボード K370s、F1~F12 の押し間違え。
ロジクール 無線式キーボード 掃除が楽 (キーボードバンバンが出来る)
ロジクール ワイヤレスキーボード K270とK370sを1ヶ月以上使用して
ロジクール キーボード K270 ホットキーで
 foolbar2000 等のアプリの再生/停止操作が可能。



posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品簡易レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック