2017年04月02日

ATOK Cドライブから辞書を移動する。

ジャストシステム直営ECサイト Just Myshop にて ATOK 2017 を購入。

最近になって 「略語→正式名称変換辞書」が配布されました。

それでこのバージョンからではなく
昔からなのですが辞書をインストールすると

Cドライブに辞書がインストールされると思うのですが
Cドライブは OS をまるごとバックアップする時に
辞書の分だけ容量が増える事になります。

と言う訳で ほかのドライブに移動しようってな記事です。

方法自体は簡単で、辞書のファイルを探して
移動して辞書を読み込むだけです。

以下の辞書の例だと
略語→正式名称変換辞書

サイトに書いてあるとおり以下のどれかに辞書が出来ますので

\Program Files\JustSystems\ATOK\DIC
\Program Files\Justsystem\ATOK\DIC
\JUST\ATOK\DIC

該当ファイルを移動したいフォルダへ移動します。

この辞書だと以下を移動します。
ATRQ_RS.DIC
ATRQ_RS.DAR

ちなみにほかの辞書の場合は DIC というフォルダではなく
DRT というフォルダにあるのもある、拡張子 .DRT というファイル。

次は移動したファイルを ATOK に登録します。

ATOK のバーから
メニュー → プロパティ を呼び出し

辞書の拡張子が .DIC なら 辞典・学習 タブ
辞書の拡張子が .DRT なら 電子辞典検索タブ を。

ともに 辞典の追加・削除 → ファイルを指定して追加 ボタンがあるので
今移動したファイルを選択して登録。

辞典・学習 タブの場合のみ
追加可能な辞典の一覧 より
追加 をクリックして辞書を追加して終了です。

念のため再起動しまして
完了。

以上。

関連リンク

ATOK 2017 日本語入力オンし忘れても日本語変換できる機能が便利。
ATOK 2017 キーのカスタマイズ方法。
ATOK 2017 推測候補の自動表示 自分で打った方が早い?
ATOK 2017 入力・変換時の背景色も変更可能、まぶしくないよ。
ATOK 2017 右クリックで出る「ATOKで学習」のメニューを消す。
ATOK 2017 1ヶ月使用してみて。
ATOK 2017 2ヶ月使用して。
ATOK 2016 アプリごとに設定を使い分ける(学習含む)
ATOK 変換候補に出る辞書名を消す。この表示→《略語》
JUSTオンラインアップデートをネットからダウンロード。


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ATOK | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448514556

この記事へのトラックバック