2017年04月23日

Win10 Creators Systemのディスクアクセスが高負荷で重い 改善。

Win10 Pro Creators Update にアップデートしてしばらく。

中々快適に動いているのだが
たまに動作が遅くなる時がありまして。

いつもの Comodo Internet Security が
重くなっているのかなあ、と思って
タスクマネージャを眺めていると

System のディスクアクセスが 80% 以上じゃないですか。
1つのシステムで読み書きMAXとか何事じゃい。
という訳でこの高負荷を止めます。

コントロールパネル → 右上の検索欄にて システム で検索 →
システム環境変数を開く

詳細設定タブ → パフォーマンス 設定 →

Systen_disk100_170423_001.png

詳細設定タブ 仮想メモリ 設定 →

Systen_disk100_170423_002.png

すべてのドライブのページング~ のチェックを外す →
Cドライブ → カスタマイズ 初期 200、最大 1500 設定ボタンを押す。

Systen_disk100_170423_003.png

再起動してタスクマネージャを開き
値が安定していれば完璧。

ちなみに上の設定値ですが
自分のマシンに合わせて値は変更して OK 。

推奨値が下に出ますから
それに合わせて変更、みたいな。

以上。

2017/04/29 追記
上の 200-1500 の設定では少し少なすぎるみたいのようで
5000-10000 にて設定し直し。

おすすめリンク

Win10 Pro Creators Update
Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Win10 Creators に Comodo Internet Securityを導入。
Win10 Creators Update まぶしい白の背景色を変更。
Windows10 関連記事まとめ


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Win10関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449257993

この記事へのトラックバック