Macrium Reflect v7.2.3825 日本語化/レスキューメディア作成/ブートメニュー追加


2018/11/24 追記

現在、v7.2.3825 とそれ以降の
日本語化パッチの配布が停止しているようです。

理由は Macrium Reflect の本体の方で
書き換えチェックが入るようになり
日本語化パッチは実行ファイル等を書き換えるものですので

起動チェックに引っかかり配布を停止という流れのようで。
何にせよ、日本語化ファイルの作者様、お疲れ様でした。(゚Д゚)ゝ

この記事ですが一応消さないで残しておきます。
日本語化以外にも書いてありますので。

ちなみに1つ前の正常に日本語化できるバージョンは以下。
Macrium Reflect 日本語化/
日本語レスキューメディア作成/ブートメニュー追加



はじめに

Windows の OS をバックアップする
アプリは色々ありますが

私的に Macrium Reflect Free
とても使いやすくトラブルがなくていいです。

ただ、言語が日本語ではなく英語なので
日本語化をしなくてはならないのが欠点ですね。

というわけでこの記事では
Macrium Reflect v7.2.3825 の日本語化方法です。

【 目次へ戻る 】

Macrium Reflect の入手

それでは早速 Macrium Reflect Free
入手しましょう。

上のリンクより飛びまして

Macrium Reflect 7
Free Edition

とあるすぐ下の
Home Use を選択します。

すると別画面にて一番上に
1. Enter Email とありますが
無料版ではメールアドレスはいりません。

右下の Continue を選択すると
ReflectDLHF.exe が落ちてきます。

これは本体ではなくダウンローダーです。
落ちてきたら実行してください。

ちなみに、無料版 ( FREE ) をダウンロードする場合は
ReflectDLHF.exe のまま実行。

有料の Home をダウンロードしたい場合は
ReflectDLHT.exe と名前を変更する事で
Home版を入手可能です。

実行したら上から2つ目の
Download Location & Options という項目の

Save to folder という箇所が
インストーラーをダウンロードする箇所です。
右にある 「 ... 」というボタンで場所を変更可能。

下はダウンロードしたらすぐ実行しますか?なので、ご自由に。
Run installer directly after downloading

Options は 32/64bit のファイルをダウンロードするかの設定。
自動で選択されるので特にいじる必要はないです。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_010.png

Download を押してしばらくすると
指定したファイルが落ちてきます。
これがインストーラーです。

ちなみに今使用しました
ReflectDLHF.exe ですがブートメニューの追加の方で
使用しますので消さないように。

※アプリ側で自動でやる、という場合は不要

【 目次へ戻る 】

インストール

上で入手したインストーラーで
インストールします、実行してください。

ライセンスキーは空白で大丈夫。
Home を選択。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_001.png

デスクトップにショートカットを作成しない場合は
チェックを外します。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_002.png

あとは普通にインストールすれば終了。

【 目次へ戻る 】

日本語化ファイルを入手

日本語化は日本語化ファイルを
公開してくれている作者様のところで入手します。

v7.2.3825 の日本語化ファイルは以下から
*[Macrium]Reflect 7 v7.2.3825
日本語化パッチファイル - 雑記帳


そのうち Dropbox にて公開されるとの事なので
以下の2つをどこかな保管しておくと吉。

Dropbox - @日本語化ファイル(公開) - 日常をシンプルに

*[Macrium]Reflect v6.3 Free & Home Editionの日本語化パッチ - 雑記帳

リンクは違いますが最終的には同じページへ飛びます。
※同じ翻訳者様のページということです

【 目次へ戻る 】

本体の日本語化

それでは本体の日本語化です。

上で入手しましたファイルを解凍しまして
日本語パッチ適用.cmd を右クリック、管理者権限で実行。

Macrium Reflect を起動してください。
英語ですが慌てずに

Ctrl + Shift + L キーを同時押し。
日本語を選択します。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_003.png

【 目次へ戻る 】

ブート・レスキューの日本語化準備

ブートメニューはWindows の起動時に
Windows か Macrium Reflect の
どちらかで起動するか画面を追加します。

レスキューメディアは CD / DVD / USBメモリ 等から
Macrium Reflect を起動するものです。
こちらは Windows が起動しないなどで使用します。

この作業は必需ではありません
必要ないならここで作業は終了です。

ここは上2つを日本語化で使用するの項目です。
英語で良ければこの項目は飛ばしてください。

最初に日本語化をお手伝いするファイルを入手します。

以下のページへ飛び
Download and install the Windows ADK | Microsoft Docs

Windows ADK for Windows 10, version 1703 を入手。
※下にスクロールするとあります

※version 1709 で作成したものの動作を確認しました。
 新しい方が好きなら? v1709 でも OK

adksetup.exe を実行し
Windows ADK (Windows Preinstallation Environment) を入れます。

MacriumReflect_005.png

Windows ADK (Windows Preinstallation Environment) を
チェックすると上の Deployment Tools もチェックが入りますが
必要かどうかは不明、やり直すのが面倒なら入れてください。

インストールパスは変更しないで入れます。

MacriumReflect_006.png

これは日本語化のパッチが
指定してあるので変更するとパッチが動きません。

インストールが終了したら
上で落としました日本語化ファイルの

winpe.wim日本語化 というフォルダに
PEWIMJP.cmd があると思うので実行します。

終わりますとフォルダが自動で開くとその中に

winpe64JP.wim
winpe86JP.wim

があるのでどこかに保存します。
これがあれば再インストールするとき
この項目を飛ばせます。

最後に Windows PE という物を入手しておきます。
これは日本語化とは関連はありませんが
必要なファイルです。

一番最初の方で インストーラーをダウンロードした
ReflectDLHF.exe を使用します。

実行して以下の画面を出し
ダウンロード先を指定してから Options を押します。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_010.png

Select Download Option という箇所で
PE 10 (WADK) Rescue Components Only ~ を選択。

ダウンロードしておきます。
ファイル名は以下。

pe10_1709x64.zip
pe10_1709x32.zip

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_011.png

【 目次へ戻る 】

ブートメニュー追加

Windows の起動時に以下のような画面を出し
Macrium Reflect を呼び出せるようにします。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_012.png

Macrium Reflect を起動して
その他 → レスキューメディアの作成 を選択。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_004.png

Windows Boot Menu を選択してから
一番下の add boot menu - Windows RE 10 ~ を選択。

さらに下の advanceed を選択。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_005.png

立ち番左の boose Base WIM タブを選択して
Windows PE 10 ( WADK ) を選択。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_006.png

次に Options タブを選択して
自分の使用している 32 / 64 bit を選択。

一番下の Advanced の
Custom base WIM ~ にチェック、

[ 4 ] の箇所に
ブート・レスキューの日本語化準備 で作成した

winpe64JP.wim ( 64 bit ) か winpe86JP.wim ( 32 bit ) を
選択します。

注意としまして
winpe64JP.wim ( 64 bit ) か winpe86JP.wim ( 32 bit ) を

日本語名 ( 2バイト ) の文字を含むフォルダに入れないでください
漢字・ひらがな・カタカナ と 全角英字・数字も多分駄目です

ユーザー名に日本語が入っている場合は
デスクトップも駄目なので注意。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_007.png

この作業をしないと英語です。
OK を押して戻ります。

最後に 一番下の Build を選択。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_008.png

パソコンにもよりますが
Windows PE というファイルがないと
以下の画面が出ます。

Download を押すとダウンロードが自動で開始し
継続します。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_009.png

ブート・レスキューの日本語化準備 にて
pe10_1709x64.zip か pe10_1709x32.zip を
用意している場合は

左の Browse を押して
上のファイルを選択すると作業が継続されます。

終了してパソコンを再起動すると
この画面が指定秒表示されます。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_012.png

何もしない場合は Windows が起動し
Macrium Reflect を選択した場合は
Macrium Reflect が起動します。

上の画面を10秒は邪魔なので
数秒だけ出したいという事も可能です。

コントロール パネル → システムとセキュリティ → システム
システムの詳細設定 を選択。

MacriumReflect_013.png

詳細設定タブの起動と回復の設定 を選択。

MacriumReflect_014.png

オペレーティングシステム一覧 の
チェックを外すと画面が出なくなります。

表示の 10秒は長いと感じる場合は
右の数値で変更可能。

MacriumReflect_015.png

【 目次へ戻る 】

レスキューメディア作成

パソコン起動時にパソコンに差し込んだ
CD / DVD / USBメモリ から起動可能です。

ブートメニュー追加

ほぼ同じやり方で
この画面で 一番上の Boot Menu ではない物を選ぶだけです。

Macrium Reflect_7.2.3825_181105_008.png

上では CD / DVD / USBメモリ を差し込んでいないので
選択には出ていませんが
パソコンに刺せば選択が出ると思います。

また、ISO File を選択すると
ISO ファイルが作成するので
それを CD / DVD に焼く、という事も可能。
( CD / DVD で起動 )

-----

とまあ、こんな感じで
Macrium Reflect v7.2.3825 の日本語化方法と
その他でした。

日本語化ファイルを作成し、
公開していただいている作者様に感謝を。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Macrium Reflect Free
*[Macrium]Reflect 7 v7.2.3825
 日本語化パッチファイル - 雑記帳

Macrium Reflect 日本語化/
 日本語レスキューメディア作成/ブートメニュー追加

フリーのバックアップソフト Macrium Reflect 、
 有料より使い勝手よし


この記事へのコメント

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:ぼーっとしている間に35~45歳の間になる。
・趣味:パソコンを使用する環境を快適にする為に知識を蓄え、設定する、読書
・好きな食べ物:夕食に食べるフルグラが最近のお気に入り。
・嫌いな食べ物:生もの全般 ( 食事の楽しみより食あたりを警戒 )
 口に入れるとネチョネチョするもの全般
・好きな言葉:小さな事からコツコツと、継続は力なり、縁の下の力持ち
・嫌いな言葉:( 年単位で継続しているものに対し ) こんな役に立たないものに時間をかけて
・一言: ( 2019/01/11 )
 こんにちは、気ままなブログを管理している 気ままさん です。
 使ってよかった商品のレビューと生活で便利そうな事と
 パソコン、タブレット、アプリの設定などが主です、
 私は記憶力がポンコツなのでどこかに書いておかないと
 記憶が DELキー 押したかのように消えるので自分用だったりします。
 コツコツ継続は得意なので 気まま に更新中。
 いらっしゃいませー。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビュー 2 はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター