Macrium Reflect v7.1 日本語化/日本語レスキューメディア作成/ブートメニュー追加


はじめに

パソコンを OS ごとバックアップするアプリは
色々ありますがその中の一つ、
Macrium Reflect を使用してみて
とても使いやすかったので

・実行ファイルの日本語化

・CD/USBでブート
 ( レスキューメディアから起動 )する場合の日本語化

・パソコンを起動した時に Macrium Reflect を
 選択して起動する場合の設定方法

以上のメモです。

ちなみに通常の使用方法等は
以下で書いてあるのでそちらは丸投げ。

Macrium Reflect Free Edition のダウンロードと使い方
k本的に無料ソフト・フリーソフト


【 目次へ戻る 】

日本語化ファイルを入手

最初に日本語化のファイルを入手します。

Dropbox - @日本語化ファイル(公開) - 日常をシンプルに

もしくはこちらを。
リンクは違いますが最終的には同じページへ飛びます。
※同じ翻訳者様のページと言うことです

*[Macrium]Reflect v6.3 Free & Home Editionの日本語化パッチ - 雑記帳

macrium フォルダをクリックして
右上のダウンロード → 直接ダウンロード を押します。

作成には結構苦労されたみたいなので
日本語化の作者様に感謝をして使いたいですね。

ちなみに、以下に書いてある設定方法は
全て日本語化ファイルの内部に書いてあります。

この記事のように細かい説明はありませんが
パソコンになれている方であれば
十分わかりますので必読です。

もちろん初心者の方も必読しましょう。
わからなくても読もうという気迫が大事ですねっ。

【 目次へ戻る 】

Macrium Reflect インストール

本体の Macrium Reflect を以下から落として
インストール。

Macrium Software | Macrium Reflect Free

上で落とした日本語化ファイルと
同じバージョンでないと
日本語化できませんので注意。

-----

2018/08/11 時点での日本語化できる最新版は
Macrium Reflect Home v7.1.3317

将来バージョンが上がると思うので
v7.1.3317 の MD5 を上げておきます。

正規サイトでの配布が終了しても
どこかで配布していて同じ MD5 なら余程のことがない限り
正規で配布しているファイルと同一です。

Macrium_Reflect_v7.1.3317_Free_Home_MD5.txt

 2018/11/18 時点で Free v7.1.3317 がダウンロードできる場所は
 jp.winxmac.com
 Macrium Reflect Free Edition 7.1.3317 (64-bit)


 MD5 の値を確認して同じです。
 この先、同じファイルがあるとは限らないので
 インストールする前に必ず MD5 の値を確認してください。

-----

インストール画面の注意。
ここでは Home に。

MacriumReflect_001.png

次画面で No を選択。

MacriumReflect_002.png

終了し Macrium Reflect を起動 ( 日本語化の前後どちらでも可 )。
Do Not ~ を選択。

MacriumReflect_003.png

【 目次へ戻る 】

本体の日本語化

インストールが終了したら
先ほど入手しました日本語化ファイルを解凍し

出てきた 日本語パッチ適用.cmd を実行します。
これで本体の日本語化は終了です。

ReflectBin.exe を実行しても英語のままですが
画面上で Ctrl + Shift + L キーを同時押しで
日本語の選択画面が出ます。

MacriumReflect_004.png

【 目次へ戻る 】

レスキューディスクの日本語化

Macrium Reflect では
パソコンが起動しなくなった場合に備えて
CD/DVD/USBメモリ から起動することが可能です。

そのレスキューディスクの日本語化方法。

最初に以下のページへ行き
Download and install the Windows ADK | Microsoft Docs

Windows ADK for Windows 10, version 1703 を落とします。
※下にスクロールするとあります

adksetup.exe を実行してこの画面が出たら
Windows ADK(Windows Preinstallation Environment) を入れます。

MacriumReflect_005.png

Windows ADK(Windows Preinstallation Environment) を
チェックすると上の Deployment Tools もチェックが入りますが
必要かどうかは不明です。
やり直すのが面倒なら入れます。

次にインストールパスですが
変更しないで入れます。

MacriumReflect_006.png

これは日本語化のパッチが
指定してあるので変更するとパッチが動きません。
※自分でパスを書き換えられるのであればご自由に

インストールが終了したら
日本語化ファイルの中に

PEWIMJP.cmd があると思うので実行します。
しばらく待ちます。

フォルダが自動で開くとその中に

winpe64JP.wim
winpe86JP.wim

があるのでこれを保存しておきます。
これさえあれば再インストールするとき
このファイルで日本語化できます。

次は本丸のレスキューメディアの作成です。

Macrium Reflect を起動する前に
作成したらどのメディアでレスキューディスクを
起動するかを決めておき準備を。

CD/DVD の場合は CD/DVD を入れておきます。

USBメモリ で起動の場合はあらかじめ
FAT32 でフォーマットしたおいたものを
差し込んでおきます。

Macrium Reflect を起動します。

このとき通信を ON にしていたりすると
新しいバージョンがありますという
通知が来る場合がありますが

バージョンを上げると日本語化ができませんので
スルーしてください、
日本語化した後のバージョンアップも同様です。

MacriumReflect_007.png

その他 → レスキューメディアの作成
PEバージョンの変更は触らないこと

MacriumReflect_008.png

PEバージョンをインストールしたものに変更
( 64bit / 32bit )

カスタム WIM を選択して先ほど作成した
winpe64JP.wim ( 64bit ) か winpe86JP.wim ( 32bit ) を選択。

ここで規定の WIM を使用すると文字化けするので
必ず上で作成したものを使用します。

winpe64JP.wim ( 64bit ) 、 winpe86JP.wim を
読み込ませる場合は必ず

日本語パスを含んでいないフォルダに置いてください。
念のため全角の英字のフォルダも避けてください。

ユーザー名に日本語を使用している方は
デスクトップも駄目です。

これを忘れると失敗します。
失敗したらアプリをアンインストールする羽目になります。


※アンインストールしないで済む方法は
 自分はわかりませんでした
 アンインストール時は全てのチェックをして
 アンインストールです

MacriumReflect_009a.png

後は上で用意しておいたメディアを選択して書き込みます。

MacriumReflect_010.png

【 目次へ戻る 】

パソコン起動時 Macrium Reflect を起動可能に

パソコンの起動時に ( ブート時 )
数秒、以下のような画面を出し
Macrium Reflect を起動させることができます。

CD / DVD / USBメモリ で起動するのは面倒
という場合や起動時、呼び出したいという場合に
設定すると便利です。

MacriumReflect_016.png


設定方法。

Macrium Reflect を起動し
その他 → Windowsブートに追加。

MacriumReflect_011.png

WindowsPE 10.0版を追加。
これだけです。

MacriumReflect_012.png

レスキューディスクの日本語化 をしていない場合は
設定画面が出ますので

この画面で再作成を押して
日本語化した winpe64JP.wim ( 64bit ) か
winpe86JP.wim ( 32bit ) を選択してください。
これをしないと文字化けます。

MacriumReflect_009a.png

設定を終えてパソコンを再起動すると以下が10秒出ます。
何も選択しない場合は10秒後に自動で Windowsが起動。

MacriumReflect_016.png

最後に、上の画面が邪魔、という場合は消せます。
10秒以下にも設定可能です。

コントロール パネル → システムとセキュリティ → システム
システムの詳細設定を選択。

MacriumReflect_013.png

詳細設定タブの起動と回復の設定を選択。

MacriumReflect_014.png

オペレーティングシステム一覧 ~の
チェックを外すと画面が出なくなります。

表示していて 10秒は長いと感じる場合は
右で変更可能です。

MacriumReflect_015.png

【 目次へ戻る 】

CD/DVD/USBでのブートができない

上で USBメモリに書き込んで
いざ USBメモリ経由で起動しようとすると
出来ないことがあります。

自分の環境では
パソコンに刺している USBメモリ のアクセスランプが
消灯してしまい読み込めない

※起動直後ではランプが点灯している

その場合、BIOS の設定がオフになっている場合があります。

パソコンによって方法は違うかもしれませんが
パソコン起動直後に画面に BIOS とか F2 とか
押すキーが出ていると思います。

自分の場合は F2 キーでした。
起動直後に連打すると画面が出ます。

画面を眺めて
USB Lcgcy ( USBレガシー ) を有効 ( enable ) にします。

※ググったところ、有効から無効で起動したという
 記事がありましたので両方お試しください

保存して再起動して読み込めれば
この設定がしていなかっただけ。

パソコンによって日本語だったり
英語だったりしますので
英語だと注意が必要です。

また、設定を変にいじってしまうと
パソコンが起動しなくなったりしますので
自己責任にて。

あと、起動しない原因としましては
パソコンのデータを読み込むのに

HDD より前に USB、または DVDドライブを
読み込む設定にしないと駄目です。

HDD を一番最初に読み込む設定にしてあると
HDD で起動してしまい USB 等からは
起動しないので。

こちらも機種により違うので
説明は出来かねますが
ググればある程度は出ると思います。

いじるのが心配であれば
触る前に写真を撮っておけば元に戻すのが楽です。

※ググってみたところ以下で説明がありますが
 自分から見てわかりやすい感じ、画像もあるし。

 ドライブの起動順位の変更 パソコン初心者講座

【 目次へ戻る 】

v7.2.3825 の日本語化

v7.2 が公開されましたので
以下に日本語化方法を記載しました。

Macrium Reflect v7.2.3825 日本語化
レスキューメディア作成/ブートメニュー追加


やり方は v7.1 と同じで
少し選択する画面が変わったぐらいですね。

-----

とまあ、こんな感じで
日本語化と設定でした。

使い勝手はなかなかで
有料の Home 版だと復元時に

変更されたファイルのみを書き込んで
素早く復元可能なオプションがある模様です。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Macrium Reflect Free Edition のダウンロードと使い方
 k本的に無料ソフト・フリーソフト

Macrium Software | Macrium Reflect Free
Macrium Reflect v7.2.3825 日本語化
 レスキューメディア作成/ブートメニュー追加

パソコンを快適な状態に保つ方法
 OSのみをバックアップし作業内容をメモ。

フリーのバックアップソフト Macrium Reflect 、
 有料より使い勝手よし


この記事へのコメント

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:ぼーっとしている間に35~45歳の間になる。
・趣味:パソコンを使用する環境を快適にする為に知識を蓄え、設定する、読書
・好きな食べ物:夕食に食べるフルグラが最近のお気に入り。
・嫌いな食べ物:生もの全般 ( 食事の楽しみより食あたりを警戒 )
 口に入れるとネチョネチョするもの全般
・好きな言葉:小さな事からコツコツと、継続は力なり、縁の下の力持ち
・嫌いな言葉:( 年単位で継続しているものに対し ) こんな役に立たないものに時間をかけて
・一言: ( 2019/01/11 )
 こんにちは、気ままなブログを管理している 気ままさん です。
 使ってよかった商品のレビューと生活で便利そうな事と
 パソコン、タブレット、アプリの設定などが主です、
 私は記憶力がポンコツなのでどこかに書いておかないと
 記憶が DELキー 押したかのように消えるので自分用だったりします。
 コツコツ継続は得意なので 気まま に更新中。
 いらっしゃいませー。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビュー 2 はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター