2017年01月15日

ChromeとOPERAに入れた便利なアドオン 2017

ブラウザの設定をいじっていて
便利なアドオンを入れたので自分で忘れないようにメモ。

タイトルに Chrome と OPERA とありますが
Chrome のアドオンを抜き出して、
そのまま OPERA で使用できますので両方使えます。
※OPERA は ver.12 ではなく ver.42 の最新版で使用確認

それでは、最初にアドオンを抜き出すという話題が出たので

アドオンを抜き出す

Get CRX

Chrome のアドオンを追加するページの
Chrome に追加ボタンを右クリックして
Get CRX を選択するとアドオンがダウンロードできます。

抜き出したアドオンは保存しておいて
Chrome と OPERA のアドオン管理画面にドラッグすれば
インストールできます。


検索サイトの最下部にいくと自動で次のページを表示

AutoPatchWork

検索サイト等で 1 2 3 4 とかあるサイト
次のページへ移動するリンクがあって
リンクのある箇所あたりまでスクロールすると

自動で次のページが下部に追加される。
リンクをクリックするのが面倒な場合に。

ホームページの背景&文字色を変更

Change Colors

ホームページの背景色、文字色を任意の色に出来ます。
まぶしい白のホームページとかに使うと快適。

ホームページのスクリーンショットを保存

FireShot

ホームページを画像で保存します。
一部分だけとか全体とか細かく指定可能。

Javascriptの実行切り替え

Quick Javascript Switcher

Javascriptが沢山動いているサイトなどで停止するのに使用
ただ停止すると見れなくなるサイトもあり

公開されている user ファイルを動作

Tampermonkey

色々な動作をするネットユーザーが作成したuserファイルを実行。

一例リンク
ChromeにAnti Adblock対策の為Tampermonkeyを入れる
Chromeに右クリック・コピペ禁止対策の為Tampermonkeyを入れる

軽い広告ブロック

uBlock Origin

入れるだけの自動で広告ブロック。
リストを追加すればさらに広告除外数を増やせる。

ただしこれを入れていると見れないサイトあり。
その場合は上にある Tampermonkey を使用すれば見られる。

開いた重複タブを自動で閉じる

Defenestrate

同じ内容のタブを開くと自動でタブを閉じてくれます。
同じタブをクリックして閉じる手間がって場合に使用。

下に紹介している Google Translate というアドオンが
ページを重複して開く場合があるので入れました。

シンプル まぶしくないスキン

Porsche

シンプルなまぶしくないスキン。


以下は OPERA 専用です。

WEBページを全部翻訳・部分翻訳

Google Translate

Google Translate で検索すると類似のアプリがあるので
上のリンクから入った方が無難です。

Chtome では指定の部分をクリックすると翻訳できますが
これは CTRL+ALT+Pでページ全体を翻訳できます。

たまに複数ページが開いてしまうので
Defenestrate というアドオンにて重複タブを自動で閉じる手もあり。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

OPERA v42 WEBページを翻訳するアドオン Google Translate

ブラウザの Opera を使用していて
Chrome の様に英字のページ全体を素早く翻訳したいと思い
アドオンを探したところ存在したのでメモ。

Google で Translate Opera で検索すると
似たようなアドオンが出るので混乱しますが
以下を入れます。

Google Translate

設定で 翻訳先言語 を 日本語に設定するだけ。

英語のページに行き
CTRL+ALT+ P キーで新しいタブが開いて
日本語が出ます。

呼び出すキーはたまに動作しないときがあったので
そのときはもう一回押す。

自分は strokeit というマウスジェスチャーにて呼び出しています。
なを、呼び出すキーは設定にて変更可能なので
ほかのアプリとかでかぶっていても変更できます。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Opera
Google Translate
ChromeにAnti Adblock対策の為Tampermonkeyを入れる
Chromeに右クリック・コピペ禁止対策の為Tampermonkeyを入れる
ChromeとOPERAに入れた便利なアドオン 2017


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

Chromeに右クリック・コピペ禁止対策の為Tampermonkeyを入れる

以下の記事を書きましたが
ChromeとOPERAにAnti Adblock対策の為Tampermonkeyを入れる

もう一つついでに
サイトで右クリック禁止&コピーの禁止を無効にします。

上のリンクより Tampermonkey を入れている状態にしまして
以下へ飛んでスクリプトをインストール をクリック。

ウェブの規制緩和

次の画面でもう一度インストールを選択。
ブラウザを再起動して

右クリック禁止&コピー禁止のサイトでも
右クリック&コピーが出来るようになるよ。

入れる前に注意。

ページに飛べばわかりますが中国語が入っています。
情報を時たま抜き出す中国ですから
使うのをためらう人がいると思うので一応注意。

どうしても使いたい人は
通販や銀行は別のブラウザにして
普通にブラウジングするときだけ使うって感じで。

ちなみに2つ入れるというのであれば
Chrome と OPERA が操作感も似ていておすすめです。

最後に、同じ作業で OPERA にも入れられまので
お試しあれ。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

ChromeにAnti Adblock対策の為Tampermonkeyを入れる
ウェブの規制緩和
ublock
Tampermonkey
Get CRX
OPERA v42 WEBページを翻訳するアドオン Google Translate
ChromeとOPERAに入れた便利なアドオン 2017


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

ChromeとOPERAにAnti Adblock対策の為Tampermonkeyを入れる

ChromeとOPERAには色々なアドオンがあります。
それで広告を除去するアドオン

ublock を入れると邪魔な広告が消えますが

※ただ表示してあるだけならいいのですがクリックさせようと
 色々小細工しているサイトがあるとイライラするので入れてます

これを入れていると表示できないページが出てきます。
広告ブロッカーを停止させれば見れますが

一々外す手間があるので
外さないでも見られるようにします。

まずは Tampermonkey を Chrome でインストール。

入れたら通常モードで Chrome を開いて
※シークレットモードだとブラウザを閉じると設定が元に戻ります

以下に飛びます。
Anti-Adblock Killer | Reek

スクリプトをインストール をクリック。
次の画面でもう一度インストールを選択。

ブラウザを再起動して適当な文字でググってください。
すると以下の画面が自動で出るので

Anti-Adblock_Killer_170112_001.jpg

Always allow domain を選択してください。
これで Google のサイトだけ実行の許可です。

これで設定は終了です。
今まで広告ブロッカーを入れている
弾かれるサイトに行くとすんなり入れます。

ちなみに OPERA でも同じようにアドオンを入れられます。
ただしそのままではアドオンが入れられませんので

Chrome で Get CRX を入れてから

アドオンを追加のところを右クリックして
Get CRX ~ を選択してアドオン本体をダウンロード。

OPERA を開いて
メニュー → エクステンション → 拡張機能の管理

ここに今ダウンロードしたファイルをドラッグ。
あとは同じように設定するだけです。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Chromeに右クリック・コピペ禁止対策の為Tampermonkeyを入れる
ublock
Tampermonkey
Get CRXOPERA v42 WEBページを翻訳するアドオン Google Translate
ChromeとOPERAに入れた便利なアドオン 2017


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

Vivaldi v1.6 Chromeブラウザからの乗り換えするのにあと少し。

Chrome とよく似たブラウザに Vivaldi があります。

昔、以下の記事を書きましたが
ChromeからVivaldiに乗り換えようとしたけど時期尚早

そろそろよくなって来かなーと期待を込めて
Vivaldi.1.6.689.40 をインストール。

詳しくは前の記事を読んでもらうとしまして
以前気になっていた

シークレットモードの URL 入力欄が
背景が真っ白でまぶしい
と書きましたが改善している模様。

ツール → 設定 → テーマ → テーマを Dark に指定 →
下にある + を押す →
背景 000000 → 前景 625b5b → に指定 (自分好みで調節してください)

Vivaldi_16_170102_002.jpg


これで URL欄 がグレー ( 画像 test と入力してあるところ ) に。

Vivaldi_16_170102_001.jpg

あと観覧しているページの背景を変更できる拡張機能
Change Colors
きちんと動作しましたので
背景がまぶしい、という事はなくなりました。

これで気兼ねなく Chrome から Vivaldi へ乗り換えできますね。
という感じなのですが
最後に一つだけ気になる事が。

開いたページの色の指定通りにタブの色が変化します。
Googleだとタブが青くなったり
このブログだと深緑になったりします。

開いているページが色別になり
どのページを開いているかわかりやすい
これは便利だね!!

という趣旨なのでしょうが
自分的に言えば勝手にタブの色が変化して
鬱陶しい事この上ない。

黒のテーマでまぶしくしないようにしているのに
タブが真っ白になったりすると
設定した意味ないやんけ!!
であります。

今のところ、この機能は OFF に出来ないみたいですので
せっかく乗り換えられるかな、と思ったりしましたが
またまた乗り換えるのは時期尚早みたいですね。

使った限りでは特に使いにくい、とかはなかったので
自分みたいに白がまぶしい、とか気にならない場合には
乗り換えるのにおすすめです。

以上。

2017/01/03 追記
上で書きましたタブが勝手に色が変更されるですが
色々触ってみたところ

テーマ → テーマ設定 → アクティブページからアクセントカラー を
オフにすればタブの色が変わりなくなりました。

これでタブの色が変更しれるのが防げるので
自分的には最高のブラウザになった感じでしょうか。
これからしばらく使用してまた何かありましたら追記。

もう一つ追記。
テーマ 色指定 自分用 背景グレー
背景 #b1b0b0 前景 #4c4b4b ハイライト #700000 アクセント #b1b0b0

2017/01/14 追記
ある程度高性能のパソコンなら問題ないのですが
ブログを書くために使用しているノートに入れたら

起動時間 15秒とかで吹いた。
ちなみに Chrome・OPERA 両方は 7秒 で起動する状態である。

Chrome と OPERA はほぼ同じ様な操作、アドオンが使えるので
低スペックではこちらですね。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Vivaldi
ChromeからVivaldiに乗り換えようとしたけど時期尚早


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする