2017年07月18日

OPERA ポータブル 複数起動でき、用途で使い分けらるので便利。

皆様はブラウザというと何を思い浮かべるでしょうか。
この記事では Opera portable ブラウザ というブラウザのお話です。


はじめに

昔から OPERA は存在していましたが
存在は地味であります、が使い慣れればとてもよいブラウザです。

【 目次へ戻る 】

Chrome と外見/操作はほぼ同じ

Chrome を使用しているお方、OPERA はいかがでしょうか。
外見/操作方法はほぼ Chrome と同じです。

Chrome と違う所は、この記事で紹介している
ポータブル版、が公式で配布されているかどうかでしょうか。

【 目次へ戻る 】

Chrome のアドオンが使えます

以下のアドオンをインストールすれば
全部ではありませんが Chrome のアドオンが使用できます。

拡張機能「 Download Chrome Extension」

【 目次へ戻る 】

フォルダをバックアップしておけば環境をすぐ元通りに

皆様は Chrome 等のブラウザを使用していて
余計なアドオン入れた、とか変なサイトで変な表示が出た、
変なアドオンを入れてしまったとかの経験はありませんか?

OPERA ポータブル版なら
インストールしたフォルダをバックアップしておけば

元のデータを削除してから
バックアップしたデータを書き戻せば元通りです。

もちろんインストールしてあるアドオンは入れ直ししなくても
バックアップした時点での状態で使えます。

【 目次へ戻る 】

複数用意してそれそれに違うアドオンを入れられます

例えばですが

OPERA_1
OPERA_2

というフォルダにそれぞれ OPERA ポータブル版をインストールすれば
両方同時に起動したりできます。

余計なアドオンを一切インストールしないで
通販にしか使用しない OPERA を用意するとか

色々なアドオンをとりあえず試してみたいので
実験場みたいに使って気に入ったらメインに入れて使用したいとか

これは親用のブラウザ、
これは子供用のブラウザ、とか
※パスワード自動入力のアドオンを使用するなどした場合

作業により、分けて使えます。


とまあ、こんな感じで
ポータブル版はお気に入りの設定をバックアップしておけば
変なアドオン等を入れた場合などすぐに元に戻せるのが最大の魅力です。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Opera portable ブラウザ


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

ChromeとOPERAで 英単語/英文を日本語翻訳するアドオン

はい、久々のブラウザ関連です。

今回は Chrome と OPERA の翻訳アドオンを3つ。
ちなみに Chrome のアドオンは OPERA にも入ります。
Download Chrome Extension を入れれば入ります

さて、最初に Chrome の英単語を日本語変換するアドオンを。

ページ全体は URL を入力する左に標準であるので
必要はありませんが単語だけ翻訳したいって場合がありますので。

Weblioポップアップ英和辞典

英単語の上にマウスをのっける
英単語の上にマウスをのっける+Eキー
英単語をダブルクリックして選択

等々、英単語を調べるキーを指定できます。
音声マーククリックで音声が流れる。
だだし表示速度は最速でもワンテンポ遅れます。

次に以下ですが
iKnow! ポップアップ辞書

英単語が日本語に変換できる機能は同じですが
英単語の上にマウスをのっける のみの設定です。
音声マーククリックで音声が流れるのも一緒です。

ただ、違うのは表示の速度です。
マウスを英単語に乗せたあとの一瞬で翻訳が出ます。
素早すぎる~ (^o^)ノ

しかしながら英単語の上に持ってくると
何でも翻訳なので邪魔に感じる時があり
機能を一時的に無効にしたい場合は
アドオンのアイコンをクリックで機能の 停止/再開 が出来ます。

という訳で
ワンテンポ表示が遅れても機能がある方がいいなら上を
すぐ表示したい、次々テンポよく読みたいって場合は下を。

最後に OPERA のアドオンです。
こちらはWEBページ全体や選択した文章を翻訳するものです。

Google Translate OPERA 翻訳

ページの全体翻訳は
Ctrl+Alt+P を押すと別ページが開き翻訳されます。
※押すキーは変更可能、オプション → ショートカット より

部分翻訳はテキストを選択して
アドオンのアイコンをクリックすると
小さいウィンドウで翻訳が出ます。

とまあこんな感じで
翻訳アドオン3つでした。

OPERA 使いであれば 両方入れられるので
英単語、文章、全体と全てに対応できるのがいいですね。

OPERA 最高~
(^o^)ノ

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Weblioポップアップ英和辞典
iKnow! ポップアップ辞書
Google Translate OPERA 翻訳
Download Chrome Extension

関連リンク

ChromeとOPERAに入れた便利なアドオン 2017


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

Opera v43 ポータブル 追加したアドオンの位置と設定ファイルを探す。

色々とブラウザがありますが
自分は Opera portable ブラウザ が好きです。

何がいいかっていうとポータブル版なので
好きな場所にファイルが置けていいです。
※設定ファイルも含みます

1つのパソコンで設定して
他のパソコンに書き込めばその設定のまま動くし。

今では同期の機能があったりしてこういうのは不要かな?
でも使用するのにログインが必要なので

自分はそういうログインが嫌いなので
自分で何でも設定 or 保存したい人向けでしょうか。
※IDとパスワードが増えるのが嫌

とまあそんなこんなで自分で管理するのが好きな訳ですが
追加したアドオンでそのアドオンの設定データだけ
バックアップしたいな、でもどこだかわからないってんで

探したら見つけたので場所と探し方のメモ。

それでは。
まず OPERA を実行してアドオンの登録画面を開きます。
画像は適当なアドオンでやってます。

opera_add_170602_001.jpg

この画面でバージョンを確認します。
この場合だと 2.144 ですね。

確認したら OPERA のあるフォルダを開いて
\profile\data\Extensions に移動します。

ランダム英字があるのでフォルダをクリックしていって
上のバージョンの数値があるフォルダを探します。

上のアドオンだと下のフォルダでした。
\Extensions\jbmkekhehjedonbhoikhhkmlapalklgn\2.144_0

なお、同じバージョンのアドオンがあると判別は難しいですが
アドオンを一時的に消したりして判断しましょう。

今度はこの jbmkekhehjedonbhoikhhkmlapalklgn を覚えておいて

OPERA のあるフォルダを開いて以下を探します。
\profile\data\Local Storage

今覚えた jbmkekhehjedonbhoikhhkmlapalklgn の
名前が入っているファイルがあるので
設定はそれに入っております。

という感じです。
ちなみに全部のアドオンを調べた訳ではないので

設定ファイルがあるかないかはわかりませんが・・・。
存在する事を願いまして探しましょう、みたいな。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Opera portable ブラウザ


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

ChromeとOPERAに入れた便利なアドオン 2017

ブラウザの設定をいじっていて
便利なアドオンを入れたので自分で忘れないようにメモ。

タイトルに Chrome と OPERA とありますが
Chrome のアドオンを抜き出して、
そのまま OPERA で使用できますので両方使えます。
※OPERA は ver.12 ではなく ver.42 の最新版で使用確認

それでは、最初にアドオンを抜き出すという話題が出たので

アドオンを抜き出す

Get CRX

Chrome のアドオンを追加するページの
Chrome に追加ボタンを右クリックして
Get CRX を選択するとアドオンがダウンロードできます。

抜き出したアドオンは保存しておいて
Chrome と OPERA のアドオン管理画面にドラッグすれば
インストールできます。


検索サイトの最下部にいくと自動で次のページを表示

AutoPatchWork

検索サイト等で 1 2 3 4 とかあるサイト
次のページへ移動するリンクがあって
リンクのある箇所あたりまでスクロールすると

自動で次のページが下部に追加される。
リンクをクリックするのが面倒な場合に。

ホームページの背景&文字色を変更

Change Colors

ホームページの背景色、文字色を任意の色に出来ます。
まぶしい白のホームページとかに使うと快適。

ホームページのスクリーンショットを保存

FireShot

ホームページを画像で保存します。
一部分だけとか全体とか細かく指定可能。

Javascriptの実行切り替え

Quick Javascript Switcher

Javascriptが沢山動いているサイトなどで停止するのに使用
ただ停止すると見れなくなるサイトもあり

公開されている user ファイルを動作

Tampermonkey

色々な動作をするネットユーザーが作成したuserファイルを実行。

一例リンク
ChromeにAnti Adblock対策の為Tampermonkeyを入れる
Chromeに右クリック・コピペ禁止対策の為Tampermonkeyを入れる

軽い広告ブロック

uBlock Origin

入れるだけの自動で広告ブロック。
リストを追加すればさらに広告除外数を増やせる。

ただしこれを入れていると見れないサイトあり。
その場合は上にある Tampermonkey を使用すれば見られる。

開いた重複タブを自動で閉じる

Defenestrate

同じ内容のタブを開くと自動でタブを閉じてくれます。
同じタブをクリックして閉じる手間がって場合に使用。

下に紹介している Google Translate というアドオンが
ページを重複して開く場合があるので入れました。

シンプル まぶしくないスキン

Porsche

シンプルなまぶしくないスキン。


以下は OPERA 専用です。

WEBページを全部翻訳・部分翻訳

Google Translate

Google Translate で検索すると類似のアプリがあるので
上のリンクから入った方が無難です。

Chtome では指定の部分をクリックすると翻訳できますが
これは CTRL+ALT+Pでページ全体を翻訳できます。

たまに複数ページが開いてしまうので
Defenestrate というアドオンにて重複タブを自動で閉じる手もあり。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

ChromeとOPERAで 英単語/英文を日本語翻訳するアドオン
OPERA ポータブル 複数起動でき、用途で使い分けらるので便利。


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

OPERA v42 WEBページを翻訳するアドオン Google Translate

ブラウザの Opera を使用していて
Chrome の様に英字のページ全体を素早く翻訳したいと思い
アドオンを探したところ存在したのでメモ。

Google で Translate Opera で検索すると
似たようなアドオンが出るので混乱しますが
以下を入れます。

Google Translate

設定で 翻訳先言語 を 日本語に設定するだけ。

英語のページに行き
CTRL+ALT+ P キーで新しいタブが開いて
日本語が出ます。

呼び出すキーはたまに動作しないときがあったので
そのときはもう一回押す。

自分は strokeit というマウスジェスチャーにて呼び出しています。
なを、呼び出すキーは設定にて変更可能なので
ほかのアプリとかでかぶっていても変更できます。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Opera
Google Translate
ChromeにAnti Adblock対策の為Tampermonkeyを入れる
Chromeに右クリック・コピペ禁止対策の為Tampermonkeyを入れる
ChromeとOPERAに入れた便利なアドオン 2017


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする