2017年09月02日

Firefox stylishアドオンでまぶしい背景色を暗く(灰色)にするCSS


はじめに

Firefoxを使用していてサイトの白の背景色がまぶしい、
配色がおかしくてまぶしい、
とにかくまぶしい。

という人はいると思います。

このページでは WEBページの表示が崩れてもいい、
背景の画像が表示されなくてもいい、
背景色をまぶしくない色にしたい、という

とにかく背景色のまぶしさが憎い (笑)
という人のページです。

【 目次へ戻る 】

Firefoxデフォルトの設定

Firefox にはデフォルトで背景を任意の色に変更する機能が
備わっております。

このページに来ている人はそれで満足できないんじゃー
という人だと思うのですが一応紹介。

Firefox を起動して右上の 三 とある箇所をクリック
オプションを選択。

コンテンツ → フォントと配色 → 配色設定 にて
背景とある右に色が出ているので 色の部分をクリックすると
好きな色を選択できます。

これだけでは変わらなくてすぐ下の
ウェブページが指定した配色を選択した配色で上書きする の設定で
常に上書き か 高コントラストのみ に設定します。

違いは、
前者は全部のページに指定した配色を適用、
後者はまぶしいと感じる色の範囲 ( どの範囲かは不明ですが ) のみ
背景色を指定した色に変更します。

とにかくまぶしい、ページの背景色は気にしないという
人は 常に上書きで使用しましょう。

これで設定は終わりですが、問題はワンクリック (1クリック)で
設定を変更できないことです。

下に紹介するアドオンを入れるとワンクリックで
背景色を変更するCSSの設定を適用/解除が出来ます。

【 目次へ戻る 】

アドオン stylishの入手と設定

ここよりアドオンを入手します。
Stylish - Firefox Add-ons - Mozilla

Firefox へ追加 のボタンがあるので押して
再起動して下さいの画面が出るので再起動。

【 目次へ戻る 】

背景色を灰色 (グレー) にするCSS

それでは CSS を設定しますが
とりあえず設定後の画面はこんな感じです。

Firefox_stylish_gray_css_170901_001.jpg

Firefox_stylish_gray_css_170901_002.jpg

[ クリックで拡大できます ]

以下の CSS は開くページ全ての背景色を変更します。

一応 Google , youtube , Amazon , 楽天等での
表示テストをしましたが
一部背景の画像が表示できなかったりします。
背景色をまぶしくなくする、に重点を置いているため仕様です。

また、Youtube で何故か検索欄で
文字が出ないという不具合があり、
背景色と文字色が同じで見えない模様。

※CSS を無効で表示可能、無効にしない場合、
文字が見えないだけで入力可

Amazon , 楽天等は問題ないのに何故、_| ̄|○

とまあ色々と不具合がありますが
よかったらどうぞ。

All_Set_Web_170901.css
MD5:278F295FC4D6BE7D3874F11A711A6F82

このファイルを使用する場合は自己責任にてお願いいたします。
自分は責任はとれません、ご了承下さい。

設定方法

Firefox を起動して右上の 三 とある箇所をクリック
アドオンを選択。

アドオン入手 の下の方に ユーザースタイル があるので選択
新しいスタイルを書く をクリック。

上に保存名 ( 任意設定 ) を入力して
先ほどダウンロードした CSS をドラッグして下さい。

保存 ボタンを押します。

あとは、先ほど Firefoxデフォルトの設定 で 紹介しました

ウェブページが指定した配色を選択した配色で上書きする の設定を
上書きしない に設定して下さい。

これを設定しないとページの色が切り替わりません。

【 目次へ戻る 】

有効・無効の切り替え

CSS の切り替えは Firefox を起動すると
S というアイコンが出るので
左クリックして 全てのスタイルを停止する で切り替わります。

同じく止める方法としまして
グローバルスタイル から止める方法もありますが
3回クリックしなくてはならないので上がおすすめです。

【 目次へ戻る 】

使用注意

最後に注意事項を。

使用すればすぐわかりますが
サイトのデザインによって背景が出なかったり
背景画像が出なかったりと色々ありますので

普通に検索とかで使用する場合は問題ないですが
情報を見逃して不都合が出る場合、

例えば通販のページとかで注意文が背景画像指定になっていて
この CSS で表示されなかったので気づかないで色々したとか

そういう事態が想像できますので
そういう場合は無効にして下さい。

上にも書きましたがこのサイトの管理者は何事にも責任をとりませんので
ご理解いただけないお方はご使用をお控え下さい。


とまあ、ちょっと最後は堅くなりましたが

「背景色を無効にしたい、望むのはそれだけ」
という方には便利かと思います。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

FireFox Portable 動作軽快/日本語化/シークレット・キャッシュ設定など。


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

FireFox Portable 動作軽快/日本語化/シークレット・キャッシュ設定など。


はじめに

たまに、色々なブラウザを試して
遊んでいるわけですが

FireFox Portable を入れてみたら
驚くほど軽いのでびっくりしました。

【 目次へ戻る 】

日本語版のFireFoxをダウンロード

ポータブルの FireFox は以下でダウンロードできます。

Mozilla Firefox, Portable Edition

Download 55.0.2
for Windows, English と書いてある場所ではなく

そのすぐ下の Other Languages という場所をクリック。
次のページで Japanese とある箇所の Download を
クリックして入手すれば日本語です、手間がなくていいですね。

ちなみに、ポータブル版は 設定をして ( アドオン含む )
USBメモリ等にコピーして USBメモリ より起動すれば

設定が全てされている状態で起動します。
ただし、USBから起動するので読み込みは遅いかも。

※ HDD にコピーすれば問題なし
※ もちろん普通に HDD に置いて使用できます

利点は色々な箇所にファイルを書き込まないので
設定を頻繁に変更するとかの場合

設定済みのデータを圧縮して保存しておき、変になったら
データを書き戻すだけで復活します。

【 目次へ戻る 】

シークレットモードで常時起動する設定

Chrome や OPERA と同じく
シークレットモードで起動することが出来ます。

方法はインストールした場所に FirefoxPortable.exe が
存在すると思うのでショートカットを作成して
右クリックしてプロパティを開き

FirefoxPortable.exe の後ろに -private と
最後尾に書き足すだけ。

例としましてはこんな感じ。
"D:\Firefox\FirefoxPortable.exe" -private

-private の前は必ず 半角のスペース を入れてください。

【 目次へ戻る 】

キャッシュ位置を設定する

これも Chrome や OPERA と同じく
キャッシュの位置を指定できます。

Firefox を起動します。
URL を入力する欄に about:config と入力してエンター。

危険性を承知の上で使用する をクリック。

ページのどこでもいいので右クリック
新規作成 → 文字列 →

設定名を入力してくださいに以下を入力して OK 。
browser.cache.disk.parent_directory

browser.cache.disk.parent_directory と出るので
キャッシュの保存位置を入力して OK 。
例:R:\FireFox

これで終了です。
FireFox を終了、再起動して 上と同じく about:config で入り

検索:に以下を入力。
browser.cache.disk.parent_directory

設定、型、値 を確認して
上で設定したキャッシュの位置になっていたら OK 。

【 目次へ戻る 】

アドオンを探す

FireFox もアドオンが追加できます。

それで Chrome 、OPERA と同じアドオンが使いたい、
と思うかもしれませんが

使いたいアドオンの名前+Firefox でググると
存在していたりしますので探す価値ありですね。

【 目次へ戻る 】

入れたアドオン

ついでに、という訳ではありませんが
入れたアドオンを。

・クリックでキャッシュ、クッキーを削除
Clear Console

・英字を選択した箇所を日本語に翻訳、ページ全体も可能
Google Translator for Firefox

・ユーザースクリプトを実行 Chromeでいう Tampermonkey
Greasemonkey

・広告除去
uBlock Origin

・開いて一定時間経過したタブのメモリを解放
Suspend Tab

【 目次へ戻る 】

アドオンのアイコンを並べ替え

昔の FireFox の設定方法だとアドオンを入れましょう、
とあるのですが今は駄目みたいです。

方法としましては FireFox を起動して
アドオンのアイコンの上で右クリック → カスタマイズ

あとはアイコンをドラッグすれば移動できます。
終了は下にある カスタマイズを終了 をクリック。


とまあ、こんな感じで
基本的なことを書いておきました。

動作させたのは Win10 Creator ですが
Chrome , OPERA の半分ぐらいの速さで
起動したのでびっくらこいたー。

まあ、上のブラウザは結構アドオン追加していますから
しょうがないのかも。

ちょっと様子見するだけのつもりだったのに
思いのほか使い心地がよかったので
これから愛用しようと思います。

最後、色々と検索していまして
FireFox は使っていたけど激遅、落ちまくり
という方がいるとのページがありまして

そういう場合は昔のアドオンが
今のブラウザに対応しないという記事が他のところに。

昔のアドオンを消せば速くなるかもしれないですね。
以上。

この記事で紹介している商品はこちら

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Mozilla Firefox, Portable Edition
Firefox stylishアドオンでまぶしい背景色を暗く(灰色)にするCSS


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

OPERAやChromeで多量のタブを開いている人に メモリを自動開放しよう。


はじめに

OPERA や Chrome を使用していて
大量のタブを開いていてメモリがカツカツしている人いませんか。

もしくはこうしてブログを書いていて
色々なページを開いているのだけれども

頻繁に使用するのは数ページだけで
あとはたまに見るだけ、とか。

そういう場合、見ていないページは
無駄にメモリが使用されている感じなので
解放してほかのアプリで使用したりしましょう、な感じです。

【 目次へ戻る 】

The Great Suspender を入手

さて、メモリの解放の方法は
拡張機能(アドオン)を入れるだけ。

以下のページへ飛び、クリックしてインストール。
The Great Suspender

【 目次へ戻る 】

設定

設定は特にいじる必要はない感じですが

以下で指定した時間を過ぎるとメモリ解放の設定です。
自分は 5 mins ( 5分 ) にしています。
Automatically suspend tabs after:

メモリを解放したページはメモリを解放したよという
ページになります。

そのタブを選択してページ内をクリックして
再びページを読み込むのですが

クリックするのが面倒な場合は
以下の設定にチェックすれば
タブをクリックしたと同時に自動で読み込みます (自動リロード)
Automatically unsuspend tab when it is viewed

最後にホワイトリスト (Whitelist) の設定です。
これはメモリを解放しないぺーじの URL を書き込んでおきます。

例えばブログを書いていて、別のページを観覧、
戻ってくるとメモリが解放されていて書いている記事が消えた (^o^)ノ
という場合を防ぐために指定しておきます。

このブログ ( Seesaa ) の例でいえば
以下を書き込んでおけば大丈夫です。
blog.seesaa.jp

以上、設定でしたが設定変更後は必ず
右下の Save Setting をクリックしないと反映されないので注意。

【 目次へ戻る 】

動作画面

A と B というページを開いて A を観覧していると
指定した時間後に B のページが以下のようになります。

The_Great_Suspender_170808_001.png

これが出ていれば B の使用しているメモリを解放しました、
という事です。

B のページを読み込むには
青い箇所をクリックするだけで読み込みます。

上の設定で自動で読み込むの設定をしている場合は
B のタブを選択したと同時に読み込まれます。

【 目次へ戻る 】

ページによってはかなりのメモリ節約

実際の効果のほどですが自分の環境では

常に 8個のタブを開いてブログ記事を書いていて
Windows のメモリ使用率が 80~85% ぐらいでしたが

これを入れてブログを書いているページ以外の
メモリを解放すると 70% ぐらいまでにはなりまして

入っていないよりかは入っている方が効果がありました。
自分の場合には数ページですが
何十と開いている方は、もっと効果がありそうですね。


という訳で今回はブラウザで開いているページの
メモリを解放して Windows を快適に使用しよう、でした。

以上。

この記事で紹介している商品はこちら

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

The Great Suspender


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

OPERA ポータブル 複数起動でき、用途で使い分けらるので便利。

皆様はブラウザというと何を思い浮かべるでしょうか。
この記事では Opera portable ブラウザ というブラウザのお話です。


はじめに

昔から OPERA は存在していましたが
存在は地味であります、が使い慣れればとてもよいブラウザです。

【 目次へ戻る 】

Chrome と外見/操作はほぼ同じ

Chrome を使用しているお方、OPERA はいかがでしょうか。
外見/操作方法はほぼ Chrome と同じです。

Chrome と違う所は、この記事で紹介している
ポータブル版、が公式で配布されているかどうかでしょうか。

【 目次へ戻る 】

Chrome のアドオンが使えます

以下のアドオンをインストールすれば
全部ではありませんが Chrome のアドオンが使用できます。

拡張機能「 Download Chrome Extension」

【 目次へ戻る 】

フォルダをバックアップしておけば環境をすぐ元通りに

皆様は Chrome 等のブラウザを使用していて
余計なアドオン入れた、とか変なサイトで変な表示が出た、
変なアドオンを入れてしまったとかの経験はありませんか?

OPERA ポータブル版なら
インストールしたフォルダをバックアップしておけば

元のデータを削除してから
バックアップしたデータを書き戻せば元通りです。

もちろんインストールしてあるアドオンは入れ直ししなくても
バックアップした時点での状態で使えます。

【 目次へ戻る 】

複数用意してそれそれに違うアドオンを入れられます

例えばですが

OPERA_1
OPERA_2

というフォルダにそれぞれ OPERA ポータブル版をインストールすれば
両方同時に起動したりできます。

余計なアドオンを一切インストールしないで
通販にしか使用しない OPERA を用意するとか

色々なアドオンをとりあえず試してみたいので
実験場みたいに使って気に入ったらメインに入れて使用したいとか

これは親用のブラウザ、
これは子供用のブラウザ、とか
※パスワード自動入力のアドオンを使用するなどした場合

作業により、分けて使えます。


とまあ、こんな感じで
ポータブル版はお気に入りの設定をバックアップしておけば
変なアドオン等を入れた場合などすぐに元に戻せるのが最大の魅力です。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Opera portable ブラウザ


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

ChromeとOPERAで 英単語/英文を日本語翻訳するアドオン

はい、久々のブラウザ関連です。

今回は Chrome と OPERA の翻訳アドオンを3つ。
ちなみに Chrome のアドオンは OPERA にも入ります。
Download Chrome Extension を入れれば入ります

さて、最初に Chrome の英単語を日本語変換するアドオンを。

ページ全体は URL を入力する左に標準であるので
必要はありませんが単語だけ翻訳したいって場合がありますので。

Weblioポップアップ英和辞典

英単語の上にマウスをのっける
英単語の上にマウスをのっける+Eキー
英単語をダブルクリックして選択

等々、英単語を調べるキーを指定できます。
音声マーククリックで音声が流れる。
だだし表示速度は最速でもワンテンポ遅れます。

次に以下ですが
iKnow! ポップアップ辞書

英単語が日本語に変換できる機能は同じですが
英単語の上にマウスをのっける のみの設定です。
音声マーククリックで音声が流れるのも一緒です。

ただ、違うのは表示の速度です。
マウスを英単語に乗せたあとの一瞬で翻訳が出ます。
素早すぎる~ (^o^)ノ

しかしながら英単語の上に持ってくると
何でも翻訳なので邪魔に感じる時があり
機能を一時的に無効にしたい場合は
アドオンのアイコンをクリックで機能の 停止/再開 が出来ます。

という訳で
ワンテンポ表示が遅れても機能がある方がいいなら上を
すぐ表示したい、次々テンポよく読みたいって場合は下を。

最後に OPERA のアドオンです。
こちらはWEBページ全体や選択した文章を翻訳するものです。

Google Translate OPERA 翻訳

ページの全体翻訳は
Ctrl+Alt+P を押すと別ページが開き翻訳されます。
※押すキーは変更可能、オプション → ショートカット より

部分翻訳はテキストを選択して
アドオンのアイコンをクリックすると
小さいウィンドウで翻訳が出ます。

とまあこんな感じで
翻訳アドオン3つでした。

OPERA 使いであれば 両方入れられるので
英単語、文章、全体と全てに対応できるのがいいですね。

OPERA 最高~
(^o^)ノ

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Weblioポップアップ英和辞典
iKnow! ポップアップ辞書
Google Translate OPERA 翻訳
Download Chrome Extension

関連リンク

ChromeとOPERAに入れた便利なアドオン 2017


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラウザ関連 | 更新情報をチェックする