2017年05月20日

ZIPで固めてあるMP3の再生ならfoobar2000。

皆様は音楽CDや購入した音楽はどう扱っていますか?
というお話です。

自分はCDを購入してきたら
すぐに MP3 に変換して MP3プレーヤー経由にて聞いてます。

今では無劣化の圧縮形式とか色々出てきていますが
自分としましては MP3 が使いやすくて良いですね。

アルバムとかを圧縮・MP3へ変換すると結構かさばるんです。
パソコンで管理をしていれば
そんなにバラバラにはならないけれども数が多い。

昔からある方法で 複数の MP3 を無圧縮の ZIP で固めて
1つのアルバムを1つのファイルにしようかと。

当然聞くためには 無圧縮 で固めてあるファイルを
読めるプレーヤーでないと意味ないので探したところ

foobar2000 が良い感じ。

Winamp も良かったけれどもプラグインを入れても
日本語が文字化けたり、スキンが適用できなかったり
頭から再生できなかったりと、あまりよろしくない。

その点 foobar2000 はデフォルトで ZIP ファイルが読めるし
※圧縮ファイルの内のファイル1つ1つ選択可能
 頭出しもちゃんと出る、途中半端で再生されるとかなし

画面はまぶしくないし ( これ重要 )
画像は表示できるし

不要な人には不要ですが
インストール時にポータブル版も指定できるし
文句なし。

デフォルトでは英字ですが日本語化も出来るし。
以下でありがたく入手できます。

non existent - foobar2000 localization patch (v1.3)
※メニュー等は日本語化できません、仕様との事

それでウィンドウなのですが
好きなように色々変更できますが
少し変更がわかりづらいので変更例を。

右画面にプレイリスト
左上に MP3ファイルの画像/左下にMP3ファイル数を表示します。

foobar2000_170520_001.png

初回起動時に現れるウィンドウで 左下の外観設定。

foobar2000_170520_002.png

レイアウトの編集にチェックしてクイック設定。

foobar2000_170520_003.png

好きなスキンを選択。
色は右で。

foobar2000_170520_004.png

左上の箇所で右クリック → Replace UI Element

foobar2000_170520_005.png

貼り付ける項目を選択します。
今回は画像を表示する Album Art Viwer を指定。

foobar2000_170520_006.png

終了したら今度は左下のウィンドウを同じように変更。
今度は 登録した MP3 の数を表示するウィンドウ Playlist Manager を選択。

これで設定は終了です。

変更していておかしくなってしまった、初期化したいって場合は
foobar2000 を 終了させてから theme.fth を消せば
元通りです。

作成したスキンと言いますか設定を保存するには

File → Prefrences で設定画面を開き
Display → Default User Interface → エクスポート で出力します。
ちなみに読み込みはインポートで。

ついでにスキンを改良終えたら
レイアウト編集モードを有効 のチェックを外しておきます。

これで快適に使用できますね。
今、この記事を書きながら音楽を聴いていますが
CPU 使用率も低くて邪魔にならないし

中々便利なプレーヤーです。
以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

foobar2000
non existent - foobar2000 localization patch (v1.3)


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ簡易レビュー | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

【使い方】マウスジェスチャーで色々操作できる StrokesPlus が便利。

昔からマウスジェスチャーの strokeit
色々操作していたのですが更新がしばらくないんです。

それで Win10 でも動作はするのですが
マウスの線と言いますか
マウスジェスチャーをすると出る線が

Win10 だと綺麗に出ないと言いますか
少し前から気になっていまして、まあ操作には支障がないのですが

思い切って StrokesPlus に乗り換えました。

英語ですが日本語化のファイルを公開してくれている方がおりますので
ありがたく以下から入手。

StrokesPlus v2.8.6.3 日本語パック

使用方法は起動して
アプリ追加 を押して登録するアプリ名を入れて
右にあるファイル名に操作するアプリを入力 ( 例:opera.exe )

※ウィンドウ検索の的のマークを使用するアプリへドラッグで
 簡単登録できますがアプリによりタイトル等の名前が変わると動かないので
 ファイル名だけの登録をおすすめ

※1つの設定で複数のアプリを登録する場合は以下のように | で区切る
 ファイル名は空欄にして、ファイル名規則 に登録して下さい
 opera.exe|chrome.exe

次は先ほど登録したアプリにアクションを割り当てます。
先ほど作成した物の名前をクリックして アクションの作成 をクリック。
名前を入力します。(名前は英数字なら何でもいい)

ジェスチャのところでマウスの動きを登録します。
左 → 右 のマウスの動きなら Right を選択。
※下に出ている画像をみれば一目瞭然です

最後に上で選択したアクションをした時に
何をするかを設定です。

利用可能なアクション から選択可能ですが
リストを見ると英字なのでよくわかりませんが
適当なのを選択して 情報 をクリックすると日本語で説明が出ます。

それで馴れるまではどれを使用すればいいかわからないと思うので
自分が使用している物で一例を。

■シフトキーと A を同時に押す
シフトキー が + 、A が a

acSendKeys("+a")

■ウィンドウ最小化
acMinimizeWindow(nil, gsx, gsy)

■ウィンドウサイズ変更
ウィンドウサイズを 横幅 700、縦幅 450 にする

acSetWindowSize(nil, gsx, gsy, 700, 450)

■アプリ起動
c:\test\test.exe を起動
起動オプション /Start
※フォルダを含む場合の¥は¥¥と2つつける事

acRunProgram("c:\\test\\test.exe","/Start", 1)

■ウィンドウを元に戻す・最大化
acMaximizeOrRestoreWindow(nil, gsx, gsy)

■アプリを強制終了
Art と F4 キーを同時押しを送信します
% が Artキー、{F_4} が F4キーです

acSendKeys("%{F_4}")

■ミュート/ミュート解除
acToggleMute()

とまあ自分が使用して物です。
送信するキーは以下のページに書いてあります。

StrokesPlusヘルプ

押すキー or 特殊キーの名前はこちら
SendKeys メソッド

この2つページでわかれば良いのですが馴れていないと
わかりにくいと思うのでこれまた少し例を書いておきます。

Shift + Aキー同時押し
acSendKeys("+a")

Ctrl + Aキー同時押し
acSendKeys("^a")

Alt + Aキー同時押し
acSendKeys("%a")

Enter + Aキー同時押し
acSendKeys("~a")

Winキー + Aキー同時押し
acSendKeys("@a")

Esc押し
acSendKeys("{ESC}")

Tab押し
acSendKeys("{TAB}")

Back Space押し
acSendKeys("{BS}")

F1ファンクションキー押し
acSendKeys("{F_1}")

とまあこんな感じでしょうか、組み合わせて使用します。
自分もまだ使用し始めたばかりなので
・・・間違っていたらメンゴ、みたいな。

それでは快適にマウスジェスチャーが動くと良いですね。
以上。

2017/05/18 追記
テンキーの /*-+ のキー登録方法。
( 検索用:/ * - + 割る × かける マイナス プラス )

参考リンク:
SendKeys.Send メソッド (String) (System.Windows.Forms)

+キー
acSendKeys("{ADD}")

-キー
acSendKeys("{SUBTRACT}")

*キー
acSendKeys("{MULTIPLY}")

/キー
acSendKeys("{DIVIDE}")

おまけ 上下左右キー
↓キー
acSendKeys("{DOWN}")

←キー
acSendKeys("{LEFT}")

→キー
acSendKeys("{RIGHT}")

↑キー
acSendKeys("{UP}")

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

StrokesPlus
StrokesPlus v2.8.6.3 日本語パック
StrokesPlusヘルプ
SendKeys メソッド


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ簡易レビュー | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

Acronis True Image 2017 バックアップから簡単に復元する方法。

皆様はパソコンの OS 部分は
何でバックアップをしていますでしょうか。

今回は自分が使用している以下の復元方法を。
Acronis True Image 2017
[ Amazon ]

ちなみにバックアップの方法は以下にあります。
調子の悪いパソコン バックアップからの復元で大抵30分以内に元通り。

それでは方法です、めっちゃ簡単。
アプリを起動します。

一番下にある > が下向きの奴 をクリックして
バックアップの追加を選択。

Acronis_True_Image_2017_re_170506_001.png

バックアップしてあるフォルダにいき
復元したいものを選択します。

こんな感じになるので一番下の ディスクを復元 をクリック。

Acronis_True_Image_2017_re_170506_002.png

バックアップして内容が 左 に出ますので
復元したいデータにチェックを入れます。

復元する箇所が 右 に表示されます。
復元箇所を選択すると復元するドライブのリストがあるので
左にある文字と同じ物があると思うので選択。

Acronis_True_Image_2017_re_170506_003.png

最後に今すぐ復元を選択。
Windows が入っている場合は再起動しまして
復元が開始されます。

ちなみに復元中に電源を切ると
Windows が途中半端に復元されて起動しない
みたいなことになりかねないので

デスクトップの場合は問題ないでしょうけれども
ノートの場合には充電しながら行った方が良いです。

ちなみにパソコンが起動しないって場合でも
あらかじめレスキューディスクDVDを作っておいて
DVDドライブからそのDVDを起動して復元するみたいなことが出来ます。

とまあこんな感じで今回は復元でした。
以上。

この記事で紹介している商品はこちら

・Acronis True Image 2017を
 Amazon / 楽天市場 / Yahoo! で検索する。
Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

調子の悪いパソコン バックアップからの復元で大抵30分以内に元通り。
EaseUS Partition Masterで簡単にパーティションの容量を変更/分割


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ簡易レビュー | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

調子の悪いパソコン バックアップからの復元で大抵30分以内に元通り。

皆様のパソコンは調子はよろしいでしょうか?
という訳で今回は OS のバックアップのお話です。

パソコンを使用していると色々なトラブルがあります。
ちょっとしたトラブルなら見過ごせたりしますが

急に再起動して起動しなかったり
ブルースクリーンが出てそれっきりだったり
※画面全体が青画面のエラー警告になるのをブルースクリーン言います

パソコンが得意な人なら
エラーコードというものから色々調べられますが
それを一般の人に求めるのは無理があります。

数ある原因の中から特定して解決方法を探り
実践、上手くいけば良いのですが
駄目なら悪化するという。

それで本題なのですが
パソコンを動かしているデータが万が一壊れて
起動できない、動作が不安定、という場合に

バックアップを取っておき、それでデータを復元するだけで
早くて10分、長くても30分程度でパソコンが
調子の良い状態に戻るという物があります。

とはいえ、バックアップソフト で調べると
色々あると思います。
迷います。

という訳で自分が使用しているお勧めの物を。
Acronis True Image 2017
[ Amazon ]

最新の Windows10 にも対応しており
自分で使用しても今のところ問題ないです。

※2016 のバージョンでは Win10 で動作させると
 リカバリー ( 書き込み ) の失敗とかありました

バックアップの方法も簡単で起動してから
左上で名前の変更 (バックアップの日付等でわかりやすくがおすすめ)

Acronis_True_Image_1705056_001.png

中央のコンピューター全体をクリック
ディスクとパーティション を選択。

Acronis_True_Image_1705056_002.png

(C:) というドライブを基本バックアップします。
それ以外はチェックを外す

Acronis_True_Image_1705056_003.png

※パーティションの完全なリストをクリックして出るのも
 基本的にはいらないです
 ただしリカバリーをする時に必要なデータなので
 OS のバックアップ DVD やリカバリーDVD かない人は
 バックアップしておくと良いかも

次はバックアップ先の指定です。
バックアップ先の指定 → 参照・または 外付けドライブ。
保存したい場所を指定します。

Acronis_True_Image_1705056_004.png

設定したら左下に出る オプション を選択。
以下は1回きりのバックアップ (自動でバックアップ) をしない設定です。

スケジュール設定タブ
スケジュール設定をしない

Acronis_True_Image_1705056_005.png

バックアップタブ
バックアップスキーム を カスタム
バックアップの種類を 完全 にします。

Acronis_True_Image_1705056_006.png

最後に除外タブをクリックして
Chrome を使用していたら /Chrome/ のついているのを選択して
- を押します。
※FireFox なら同じように /FireFox/ のついているのを選択して - 。

これを忘れると Chrome の設定が消えます。
※消えるだけでアプリは使用できます、設定初期化だと思って下さい

Acronis_True_Image_1705056_007_2.png

設定したら OK を押して
右下の バックアップ をクリックして
あとはバックアップが終わるのを待つだけです。

終わったらバックアップしたファイルを BD-R とうに焼いておけば
パソコンが起動するデータを全て壊されても
BDから読み込むことで復帰できます。

さて、これで終了ですが最後に。
ハードディスクのパーティションというのはご存じでしょうか。

わかりやすく言いますと
12畳の部屋があったとしまして
6畳ずつ半分の箇所に壁を作って部屋を分けるという物です。

ハードディスクでもデータの書き込む領域を分けることが出来ます。
通常 Cドライブ しかないのを Dドライブ も存在するように出来ます。

それで何故この話題かと言いますと
上のブログタイトルに書いてあるように
Cドライブ全体をバックアップしてしまうと

とても30分で復活するのは無理です。
・・・何だってー

それには少し工夫が必要で
パーティションを分割をするアプリがありまして

例えば 500GB 容量があったとしまして
100GB を Cドライブに割り当て パソコンを起動するシステムもここに
残りの 400GB はデータ置き場に、というように分割するのです。

この Cドライブ のみをバックアップ・復元して
最小限のパソコンの起動するデータだけ書き換える事で
最小限の時間でパソコンを元通りに出来るという事なんですね。

自分で作るデータを Cドライブに入れておいて
バックアップして復元すると

バックアップした時点のデータになってしまうので
そういう観念からでもパーティションの分割というのは大事です。

詳しくは以下のようなページがありますので
お飛び下さい。

EaseUS Partition Master Free

ここの管理人が書いた記事で良ければ以下で読めます。
EaseUS Partition Masterで簡単にパーティションの容量を変更/分割

とまあ少し話はズレましたが
ハードディスクのデータをバックアップして
エラーが出たらさっさと復元して快適に使用しましょうでした。

以上。

2017/05/06 追記
バックアップした物から復元 ( リカバリー ) 方法。
Acronis True Image 2017 バックアップから簡単に復元する方法。

この記事で紹介している商品はこちら

・Acronis True Image 2017を
 Amazon / 楽天市場 / Yahoo! で検索する。
Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Acronis True Image 2017 バックアップから簡単に復元する方法。
EaseUS Partition Masterで簡単にパーティションの容量を変更/分割


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ簡易レビュー | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

特定のキーを送信する JavaScript ファイルを作る。

Windows10 を使用していて
バッチファイルから特定のキーを押したい。
なんて事はありませんか。

以下のページにて押したいキーのコードを探して
メモ帳にコピペして名前は適当、拡張子は .js で保存。

WSH JScriptを使いこなそう ~目次~

あとは実行するなりバッチファイルで呼び出せば
特定のキーを押せます。

例、Ctrl+Shift+U キーを送信。

var sh = new ActiveXObject( "WScript.Shell" );

sh.SendKeys( "^+U" );

// オブジェクトを解放
sh = null;

以上をメモ帳にコピペーして 適当名.js で保存・実行。

ずっと昔から手動で押すか
マウスジェスチャにてキーを登録して
キーを送信していました。

これのおかげで
バッチファイルにて自動で作業が出来るよ。
(^o^)ノ

わかりやすく記載しているリンク先の
作者様に感謝。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

WSH JScriptを使いこなそう ~目次~


posted by 気ままな管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ簡易レビュー | 更新情報をチェックする