子供の野菜嫌いを直したい 元・野菜嫌いからアドバイス。

【 目次 】 はじめに 最初にタイプを確認しよう 食わず嫌いタイプ 食べても嫌いタイプ 好き嫌いは成長すれば改善 好きな野菜だけでいいのでは 甘やかすなという意見 おすすめリンク/関連記事 はじめに 新年あけましておめでとうございます。 早速ではありますが、お子様がいる方で 今年こそ子供の野菜嫌いをなくそう! 何でも食べて丈夫に病気知らずになってほしい! そう願うお母様も多いはずです。 ですが、ちょっと力を入れすぎてはいませんか? この記事は、元・超野菜嫌いの自分が 子供の頃にどう思っていたか、 どうすれば野菜が食べられるかの ヒントなどを書きたいと思います。 【 目次へ戻る 】 最初にタイプを確認しよう 大きく分けて2種類の好き嫌いがあると思います。 これを最初に確認します。 1つは単純に食わず嫌い。 食べてもいないのに、匂い・形のみで判断してしまい 嫌っているタイプ。 もう1つは食べても嫌いというタイプになります。 例外としましては 過去におなかを壊したから嫌い、のような タイプがありますが今回は除外します。 こうして書くと、 親から見て自分の子供は・・・と決めつけます。 必ずお子様にどちらのタイプかを聞いてください。 好き嫌いをしているのは親、ではなくお子様です。 必ずお子様の意見を聞いてください。 聞く場合は 「野菜のどこが嫌いなのかな?」 「見た目かな?味かな?匂いかな?噛んだ感じ?」 と聞いてください。 間違っても「好き嫌いばかりして!食べもしないから…

続きを読む

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考
    スキゾイド傾向
    去る者は追わず、来る者は拒まず
・趣味:読書、ブログ ( 情報の In / Out )
    プログラミング ( 素人 / 独学 )
    パソコンを少しでも快適に設定する
・一言:ご観覧ありがとうございます。
    自分で購入したり行ったという類の商品レビューを扱うサイトです。
    他のサイトより情報を集め、使ったように見せかけレビューをしているではありません。
    プログラミング的思考な性格のため商品のワクワク感をお伝えしたり
    購入を後押しする表現は使えませんが、逆に考えますと
    過度に評価を高めたり誤解させるような類の表現はいたしません。
    私が感じた情報を提供するのみであり、判断は皆様のご自由にがモットー。

    記事は全て私がキーボードで打っており、AIの類は一切使用しておりません。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビュー 2 はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター