クリップボードに入っている文字を指定したブラウザで検索 ClipOpenBrowser

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。

ClipOpenBrowserのご紹介

皆様はメモ帳やブラウザを使用していて
素早く意味を調べたいと思ったことはありませんか?

普通の動作では
文字を反転 → コピー → ブラウザを開く → ペースト

という流れだと思います。
そこでこのアプリを使用すると

文字を反転 → コピー → ClipOpenBrowser を実行

これだけで指定したブラウザを開いて
文字をググったりできます。

ちなみに、マウスジェスチャーのアプリと組み合わせれば

コピーと ClipOpenBrowser の起動を
マウスジェスチャーのアプリでやり

文字を反転 → マウスジェスチャーで特定の動作のみで
指定のブラウザが立ち上がります、時短です。

ただ、マウスジェスチャーやブラウザのアドオンで同じ事が出来る、
というお話ですが面倒な設定がなく
※最低限の設定でブラウザとマウスジェスチャーで呼び出す設定

誰でも簡単に設定できるのをコンセプトにしております。

【 目次へ戻る 】

ClipOpenBrowserのダウンロード

ダウンロードは以下からどうぞ。

ClipOpenBrowser_v1.04.zip

最終更新日:2017/11/02
MD5:3C68D6C5189C2DF1D554348FB7AADFC5

お決まりのお約束ごととしましては

作者の気ままさんはいかなる事態においても
このアプリを使用して起きた不具合等の全てにおいて
保証をいたしません。

自己責任のもと、ご使用できる方のみに
使用を許可いたします。
この条件にご理解いただけない方の
ご使用はお控えください。

【 目次へ戻る 】

使用方法

上でダウンロードしたファイルをどこでもいいので解凍します。

ClipOpenBrowser.exe を実行します。

ブラウザを指定する画面になるので
使用するブラウザを指定してください。

ちなみに起動確認 ( 正常動作を確認 ) しているブラウザは
ポータブル版の Chrome , Opera , Firefox です。

指定したらメモ帳で ClipBoardBrowser.ini が開きます。
以下の設定をしない場合はそのまま閉じてください。

ブラウザでシークレットモードやキャッシュ位置の変更などの
設定をして開きたい場合は
ClipBoardBrowser.ini の2行目に設定を書き込みます

Chrome の例 (キャッシュ位置指定 , シークレットモード)
--disk-cache-dir="R:\chrome" --incognito

OPERA の例 (キャッシュ位置指定起動)
-disk-cache-dir="R:\Opera"

※OPERAはシークレットモードを使用するとタブが開くのではなく
 アプリが複数起動します、OPERA側の仕様のようです
 シークレットモードを使用しなければタブで開きます

FireFox の例 (プライベートモード)
-private

※220413 追記
-private は現在 -private-window です

追加して保存してください。
設定の注意としまして

1行目は起動するアプリ
2行目は起動オプション
3行目はブラウザに渡すURL
4行目は呼び出すアプリの起動が遅い場合の待機秒 ( 300 で3秒 )
5行目は一度に送信する URL が設定以上数だと警告

と決まっていますので
勝手に改行すると起動がおかしくなります。

よくある設定方法としまして
指定するアプリの場所に空白 (スペース) があっても

"C:\Program Files\Firefox\FireFox.exe" とか
"" を追加しないでください

ちなみに上の動作確認をしていないブラウザでも
起動方法が以下のようになっていれば使用可能です。

起動するアプリ.exe 起動オプション ブラウザに渡すURL

例えばブラウザでなくても
1行目に explorer.exe
2行目、3行目を空白にして保存して
メモ帳に c:\ と書いて反転させて

クリップボードに送って ClipOpenBrowser.exe を起動すれば
エクスプローラーで C:\ ドライブが開きます。

【 目次へ戻る 】

マウスジェスチャーに登録 strokeit編

自分の愛用しているマウスジェスチャーのアプリ

strokeit での設定方法を記載しておきます。
以下はメモ帳での設定方法です

strokeitの設定画面を開きます。

右クリックして新規アプリケーション
名前を メモ帳 と書き換え

メモ帳 を選択して 右にある追加をクリック
実行ファイル名を選択して notepad.exe と入力。

strokeit_171101_001.png

メモ帳 を選択して右クリックして 新規アクション
ClipBoardBrowser と名前をつけ

右の▼を押して UP を選択してジェスチャー追加を押す
※マウスジェスチャーの上で呼び出す

strokeit_171101_002.png

ClipBoardBrowser と名前をつけた箇所で右クリック
新規コマンドを選択し コピー という名前に

右の▼をクリックして
キー・ホットキーを選択

ホットキーの登録箇所をクリックしてから
ctrl と c キーを同時押しして登録。

strokeit_171101_003.png

もう一度 ClipBoardBrowser と名前をつけた箇所で
右クリックして 新規コマンド を選択し
ClipBoardBrowserの呼び出し という名前に

同じく右から 起動 - プログラムの起動 を選択
ClipOpenBrowser.exe を設定してください。

strokeit_171101_004.png

ちなみにデフォルトでは ClipOpenBrowser.exe と
同じフォルダ位置にある ClipOpenBrowser.ini の設定を読み込みますが

パラメータに別名の .ini を指定することでそちらの設定を
読み込んだり出来ます。

opera.ini , chrome.ini とかを作成しておいて
マウスジェスチャーの操作の違いで別々の .ini を読み込ませが可能。

設定はパラメータに作成したファイル opera.ini を記入するだけ。
c:\ClipOpenBrowser\opera.ini とかのフルパスで指定する必要はないです。

これにて設定は終わりです。
メモ帳に適当に文字を書いてマウスで反転させて

マウスの右ボタンを押しながら上移動で
ブラウザが開いて自動でググります。

URL なら URL のページ
文字なら文字でググります。

複数行も選択可能で1行ずつググれます。

※ブラウザの起動が遅い場合は
 複数行を指定していても全部の行がググれない場合があります
 その場合は .ini の4行目の数値 (デフォルト 300 = 3秒) を調節してください

【 目次へ戻る 】

このアプリは HSP にて作成されています

このアプリは HSP という
用意されている命令を順序よく組み立てるだけで

小学生でも?Windows アプリが気軽に作成できるという
言語で作成しております。

作成したファイルも自由に配布可能なので
こうしてフリーソフトにしたりして利用できます。
※他作の DLL とかを組み込む場合は許可が必要ですが

もし、これぐらいのアプリなら自分でも作れるよ。
とか、こんなアプリが作れればいいなあって
気が向く人がいましたら

以下より作成キットが入手できます。
HSPTV

以上、HSP ユーザーを増やすための勝手な普及活動でした。

この記事へのコメント

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考+スキゾイド傾向
    去る者は追わず来る者は拒まず ( 人の悪意には敏感 )
・趣味:読書、パソコンを快適にする設定を探しにWeb旅行
    得た知識でブログの執筆
・一言:どうも、気ままさんと申します。
    需要のあるなしは関係なく、私が気に入った役に立った事を
    書いており必要な方が好きに観覧して頂ければと。
    私に出来ることは情報を収集し、まとめ、書き出すのみ。
    しがないブログではありますが何かのお役に立てれば。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビュー 2 はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター