タブレットの電源ボタンを押さずにスリープ解除する便利アプリ

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。
タブレット ASUS / Android 4.2.2 / 8インチ ME180-GY16
購入。

メインは家で使うのでタブレット置きに置いてあるのですが
スリープを解除する方法をどうするか迷う。

横のボタンを押して解除するのが一般的だがボタンが壊れると困る。
タブレットの傾きを見張っていてスリープ解除する
アプリを入れると電池が減ってしまう。

どっちが良いかなーと考えた時やはり物理的に
壊れるのが嫌なのでアプリを入れる事に。
色々探した所有名所が三種類ありました。

これは起動したてはうまく動いたのだけれどそれ以降上手く動作せず。
何故だ orz 。
Auto Screen On

これは普通に動作するがスリープからの復帰には
タブレットを回転または振らなくてはならない。
ScreenOn(センサーでスリープ解除)

これも普通に動作する、復帰にはタブレット置きから
ちょこっと起す程度で復帰してくれる。
Gravity Screen - On/Off

とまあ簡単に書くとこんな感じです。
Auto Screen On の「指定時間は動作しない」の機能が魅力
( 寝ている間等の使用しない時間帯を指定してバッテリー節約 )
なのですが上手く動かないのはしょうがないので泣く泣く諦め。

ScreenOn(センサーでスリープ解除)は回転などの激しい動きが
ないと復帰しないので ( 設定次第ですが ) 外に持ち運ぶ時におすすめ。

Gravity Screen - On/Off は初期の設定で
タブレット置きからスッと前に持ってくるだけで
復帰するので一カ所に置いて使用する時が便利でしょうか。

各アプリの消費電力もそれほど高くないので
電源ボタンを破壊しない為、一つは入れておきたいアプリです。
( どれくらいかは今計っています、気ままにお待ち下さい )

以上。

2014/08/16 追記
どういう訳か ScreenOn(センサーでスリープ解除)以外のアプリは
起動して一回、二回目はタブレットを動かして復帰するのに
しばらく置いておいたり三回目以降ぐらいになると何故か復帰しない。
何故だ・・・orz 。

しょうがないので ScreenOn(センサーでスリープ解除)をメインに。
スリープして 12時間 で 17% 電池容量減。
何もしなくても約三日で電池容量が0になる計算。

おすすめリンク

ASUS ME 180 TABLET / Android 4.2.2 / 8inch ME180-GY16
Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

タブレット ASUS ME 8インチ ME180-GY16 を購入。
タブレット ASUS ME180-GY16 電源ボタンを押さずに磁石で画面をON/OFF

この記事へのコメント

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考
    スキゾイド傾向
    去る者は追わず、来る者は拒まず
・趣味:読書、ブログ ( 情報の In / Out )
    プログラミング ( 素人 / 独学 )
    パソコンを少しでも快適に設定する
・一言:ご観覧ありがとうございます。
    自分で購入したり行ったという類の商品レビューを扱うサイトです。
    他のサイトより情報を集め、使ったように見せかけレビューをしているではありません。
    プログラミング的思考な性格のため商品のワクワク感をお伝えしたり
    購入を後押しする表現は使えませんが、逆に考えますと
    過度に評価を高めたり誤解させるような類の表現はいたしません。
    私が感じた情報を提供するのみであり、判断は皆様のご自由にがモットー。

    記事は全て私がキーボードで打っており、AIの類は一切使用しておりません。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビュー 2 はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター