Win7、Win8.1対応のAOMEI BackupperでCドライブのバックアップ

※フリーのバックアップソフト EaseUS Todo Backup を
使ってみました、こちらも使い勝手がよく
今の所エラーもないので興味がある方はどうぞ。
Win7、8.1対応 EaseUS Todo Backup v8.5 でCドライブのバックアップ


皆様は OS の入っているパーティションはどのように
バックアップしていますか?
と言う訳で今回はバックアップのお話です。

自分は今までは Acronis True Image を使っているのですが
( 使用心地はとても簡単で良い )

2014年度版では手持ちのパソコンでバックアップは出来ても
復元しようとすると書庫が壊れていますとなって
復元が出来ないという症状が出て

そんなこんなでたまには別のソフトでも使おうかなと思いまして
( OSが変わらない限りは乗り換えなくても良いのですが
 前年度は XP から Win7 に変更しましたので )

評判が良い AOMEI Backupper を入れてみました。

入手は Download AOMEI Backupper Standard の下の
Local Download より

日本語化は ネットセキュリティブログ よりダウンロードして
\AOMEI Backupper Standard Edition 2.2\lang へコピーするだけ。

使用方法としましては見れば直感的にわかりますが
まず最初にブータブルメディアを作成します。
これは Windows が起動しないなど致命的な症状が出た場合に
CD から起動して復旧するという物を作ります。

用意するのは CD-R/DVD-R や USBメモリ(ブート対応の物) を一枚。
今回は試しに使えるかを試す為に書き換えできる CD-RW を使用しました。

アプリを起動してユーリティからブータブルメディア作成を選択。
WindowsPE を選択、次に進み CD/DVD を選択して書き込む CD を入れます。
自動で書き込み始めますのでしばらく待ちます。

※この時点で相性が悪いPCだとブルースクリーンで必ず落ちる事があります。
 そういうPCの場合は別のPCでメディアを作成したあと
 CDからのブートでバックアップ/リカバリーの実行が可能です。

終わったら CD をドライブに入れたまま再起動して
自分のパソコンで起動するか確認します。
BIOS画面 ( パソコンの電源を入れると最初に表示される画面です ) が
出たら機種にもよりますけれど F11 か F12 あたりを連打。

すると HDD からではなく CD からデータを読み込んで
画面が表示されるはずです。
表示されれば成功です。

上が出来たらもうあとは普通にパソコンのバックアップをしておくだけ。

バックアップ → パーティションのバックアップ
ステップ1の所をクリックし OS の入っているドライブを選択
ステップ2の所をクリックし バックアップ先を指定

AOMEI_Backupper_003.png

後は実行を押してしばらく待つだけです。

終わったら今度は復元です。
今回は試しに復元してみました。
Windows上から AOMEI Backupper を実行。

復元 → 先ほどバックアップしたファイルを選択
実行するだけです。

AOMEI_Backupper_004.png

復元した所、自動で再起動した後に自動で復元を終了させ
これまた自動で再起動、OS復元終了という流れで
復元を実行後は一切キーは触らなくてよし。

で CD からのブートでは *;システムで予約済み の箇所が
E: になっていたのだがこれはそのまま復元すると
*;システムで予約済み の領域が E: として認識されてしまう?のだろうか
怖くてこれは復元を実行しようとは思わない。
※同じ環境の人で実行したらどうなるか意見募集です。

そんなこんなでバックアップ/復元は問題なく動作。
フリーでもこんな使いやすい物があったとは。

以上。

2015/02/03 追記
> CD からのブートでは *;システムで予約済み の箇所が
> E: になっていたのだがこれはそのまま復元すると
この問題ですが思い切って復元を実行した所
システムで予約済みの箇所が新しくドライブとして出るという事もなく
普通に復元出来ました。

また C: ドライブが G: とかになっていて
それも復元したら別になんと言う事もなく普通に C: で起動しました。

2015/06/29 追記
うちは用途により4台のパソコンを使用しているのですが
※新しい物好きとかではなく古くなって買い換えても
 勿体なくて捨てられないだけです。

AOMEI Backupper で復元すると復元待ち画面で必ず
ブルースクリーンになるPCがあって使用を控えていたのですが
※バックアップは問題なく出来る

CDブートで起動して復元してみたら何も問題なく復元完了。
CDを入れる手間はあるがこれで4台全ての復元をこの
AOMEI Backupper で管理できるよ。

今の所使っていて上にも書いた問題があった以外では
何も問題なく使えていてこれがフリーとかとても感激。
開発、配布している作者様に感謝。

2015/09/24 追記
使っていて復元時にとあるアプリのデータが何故か初期化される。
バックアップ、復元にファイルの除外設定はないしどうなっているんじゃー。
他に Acronis True Image 2016 も使ってみて
こちらはちゃんとバックアップできる。
とあるアプリの設定が元通りにならないという方にはこちらがオススメ。

おすすめリンク

・Acronis True Image 2016 を
 Amazon / 楽天市場 / Yahooショッピング / ヤフオク! で探す。
Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

AOMEI Backupper
ネットセキュリティブログ ( 日本語化 )
Win7、8.1対応のEaseUS Todo BackupでCドライブのバックアップ
パソコンのD-sub 15pin(VGA)をHDMIに変換しテレビ出力
D-subしかないPCでHDMI出力 低価格グラボ ELSA GeForce GT 610 Rev.2

この記事へのコメント

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:ぼーっとしている間に35~45歳の間になる。
・趣味:パソコンを使用する環境を快適にする為に知識を蓄え、設定する、読書
・好きな食べ物:夕食に食べるフルグラが最近のお気に入り。
・嫌いな食べ物:生もの全般 ( 食事の楽しみより食あたりを警戒 )
 口に入れるとネチョネチョするもの全般
・好きな言葉:小さな事からコツコツと、継続は力なり、縁の下の力持ち
・嫌いな言葉:( 年単位で継続しているものに対し ) こんな役に立たないものに時間をかけて
・一言: ( 2019/01/11 )
 こんにちは、気ままなブログを管理している 気ままさん です。
 使ってよかった商品のレビューと生活で便利そうな事と
 パソコン、タブレット、アプリの設定などが主です、
 私は記憶力がポンコツなのでどこかに書いておかないと
 記憶が DELキー 押したかのように消えるので自分用だったりします。
 コツコツ継続は得意なので 気まま に更新中。
 いらっしゃいませー。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビュー 2 はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター