3口で1mの節電タップ OHM HS-T1397W を購入。

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。
記事の執筆に AI な類は使用しておりません。
先日ニュースで暖房器具を入れたらブレーカーが落ちて
そのままにしてブレーカーを上げて戻ったら電源コードが
ショートしていて火災に発展という事案が流れていて

そういえばうちのモノクロレーザープリンタの延長コードが
汚れているというかだいぶ古いタイプのタップで
大丈夫かなーと思ったが最後気になってしまったので新しいのを購入。

1000円弱の出費だが火事になったら数倍、数十倍、それ以上になるし
まあいいか、以下を購入。

3口1m雷に強い節電タップ EDLP HS-T1397W

購入の決め手はスイッチの部分が凹んでいて
大きい電源のコードを繋いでもスイッチを押せる事。
雷サージ付き。
埃防止シャッター付き。
コードを差し込む幅が適度にあって大きいACアダプタを差し込んでも
隣と接触しない。

等々です、画像。

OHM_HS-T1397W_20150319_001.jpg

スイッチは 5mm 程引っ込んでいる。

OHM_HS-T1397W_20150319_002.jpg

裏、ネジ等で引っかけられるがネジは付属していない。

OHM_HS-T1397W_20150319_003.jpg

上部に常に通電ランプが点灯、あまり節電じゃない気がする。

OHM_HS-T1397W_20150319_004.jpg

ランプは適度な明るさで暗くてもそんなに眩しいとかではない。
暗闇では一目で通電しているのがわかるので切り忘れがない。

使い心地、普通です。
何かあったら追記します。
以上。

2015/03/20 追記
横からの画像を貼り忘れ
設置してしまったので後ろの配線が見えて見苦しいですが

OHM_HS-T1397W_20150320_005.jpg

おすすめリンク

3口1m雷に強い節電タップ EDLP HS-T1397W
Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

このページを見た人はこの商品が気になっています

サンワサプライ TAP-3W10 タップ 10m

この記事へのコメント

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考
    スキゾイド傾向
    去る者は追わず、来る者は拒まず
・趣味:読書、ブログ ( 情報の In / Out )
    プログラミング ( 素人 / 独学 )
    パソコンを少しでも快適に設定する
・一言:ご観覧ありがとうございます。
    自分で購入したり行ったという類の商品レビューを扱うサイトです。
    他のサイトより情報を集め、使ったように見せかけレビューをしているではありません。
    プログラミング的思考な性格のため商品のワクワク感をお伝えしたり
    購入を後押しする表現は使えませんが、逆に考えますと
    過度に評価を高めたり誤解させるような類の表現はいたしません。
    私が感じた情報を提供するのみであり、判断は皆様のご自由にがモットー。

    記事は全て私がキーボードで打っており、AIの類は一切使用しておりません。

プライバシーポリシー

詳しくはこちらをご覧ください。 [ プライバシーポリシー ]

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビュー 2 は amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォームにて入力する情報は誰がどのお問い合わせかを確実に把握するために使用いたします。
それ以外に情報を使用することはありません。

当サイトで紹介されている商品やアプリは出来るだけ客観的に記載しておりますが人により感じ方は違いますので記事とは違って感じるはあり得ます、ご了承ください。

当サイトで紹介しているアプリ ( 私の自作も含みます ) の使用やアプリの設定類は自己責任にて行ってください。
アプリ自体の仕様変更などの類により不具合が生じる場合があります。
あくまで設定の見本でありご注意ください。

当サイトはリンクフリーです、悪意の用途でない限りはご自由に。

カウンター