駅の切符売り場で現金をICカードにチャージする。

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。
普段定期なので ICカード は使わないのですが
病院へ行く時だけ使うんですね。
※住んでいる地域を特定されないようカードの名前をボカしています。

それでその ICカード を使っていたんですけれど
残高が 1000円 を切ったので初めてチャージしてきた。

まずは初めてなので空いている時、そして駅員さんが切符売り場に
立っている時にチャージ。
※わからなかったら駅員に聞く為

とりあえずチャージが可能と書いてある切符を販売する機械の前に行く。
ICカードを入れる。
画面の端にチャージするという項目があったので押す。
いくら入れるかの金額が出たのでとりあえず 5000円 を選択。
5000円札を機械に入れる
少し待ったら ICカードが出てくる (チャージ完了?)

以上です。
チャージしました、とかピロンとか音が鳴るかと思ったが
何も起きず、後ろにお客さんが並んでしまったので
ICカードが出てきた時点でそこから移動してしまった。
領収書を発行しますかという画面が出たのは見た。

チャージは思った以上に簡単でした。
銀行のキャッシュカードで現金を引き出し出来る人なら
特に問題なく出来るでしょう。

以上。

2015/05/28 追記
別の ICカード もついでにチャージしてきました。
今回はカードとか入れたらなんか喋ってる・・・。
前回は黙りだったのに何故でんがな。
今回は領収書?を発行。

2015/07/07 追記
チャージしたあとに初めて使う。
料金がちゃんと追加されているのを確認。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 でお買い物をする。

この記事へのコメント

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考+スキゾイド傾向
    去る者は追わず来る者は拒まず ( 人の悪意には敏感 )
・趣味:読書、パソコンを快適にする設定を探しにWeb旅行
    得た知識でブログの執筆
・一言:どうも、気ままさんと申します。
    需要のあるなしは関係なく、私が気に入った役に立った事を
    書いており必要な方が好きに観覧して頂ければと。
    私に出来ることは情報を収集し、まとめ、書き出すのみ。
    しがないブログではありますが何かのお役に立てれば。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビュー 2 はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター