Win10 Creators Update は Win7 SP1 頃のパソコンなら普通に動作。

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。
Win10 Pro Creators Update が先行公開されて数日。

今のところ試しに入れてみたノートで
異常がないため、数台に入れてみた。

ドスパラ で購入した Magnate IM と Nigth AH 。
NEC VersaPro VK25MX-C
東芝 Dynabook B451E

上の3台に入れてみたところ、特に問題なく
Win10 Creators Update が入りました。

自作のアプリをスタートアップに入れているのですが
デスクトップが出てしばらく待たされてから
読み込まれる・・・少し遅い感じが。

まあ、RamDisk を確保するアプリを入れているので
そのせいかも。
※Win7 時代でも RamDisk を作成するのに少し待たされていた

それ以外は中々キビキビでいい感じですね。
少なくても Win7 SP1 よりかは素早くなりました。

今のところ3台に入れまして
一度もフリーズやブルースクリーンになっていませんので

安定しているかも。
ただ、まだ入れて4日目なので
もう少し様子見という感じでしょうか。

以上。

この記事で紹介している商品はこちら

Win10 Pro Creators Update
ドスパラ
・NEC VersaPro VK25MX-C を Amazon / 楽天市場 / Yahoo! で検索する。
・東芝 Dynabook B451E を Amazon / 楽天市場 / Yahoo! で検索する。
Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Win10 Creators Update 入れてみて 設定トラブルと使用感想。
Win10 Creators に Comodo Internet Securityを導入。
Win10 Creators Update とあるパソコンのみ 0xc00000e9 エラー。
Win10 Creators Update まぶしい白の背景色を変更。
Windows10 関連記事まとめ

この記事へのコメント

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考
    スキゾイド傾向
    去る者は追わず、来る者は拒まず
・趣味:読書、ブログ ( 情報の In / Out )
    プログラミング ( 素人 / 独学 )
    パソコンを少しでも快適に設定する
・一言:ご観覧ありがとうございます。
    自分で購入したり行ったという類の商品レビューを扱うサイトです。
    他のサイトより情報を集め、使ったように見せかけレビューをしているではありません。
    プログラミング的思考な性格のため商品のワクワク感をお伝えしたり
    購入を後押しする表現は使えませんが、逆に考えますと
    過度に評価を高めたり誤解させるような類の表現はいたしません。
    私が感じた情報を提供するのみであり、判断は皆様のご自由にがモットー。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビュー 2 はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター