バッチファイル (.bat) にドラッグしたファイル名 (その他) を取得。

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。
はい、今回はバッチファイルに
ドラッグしたファイルの名前等を取得してテキストに出力する方法です。

バッチファイルを作成に当たり、参考にさせて頂いたサイト。
貴重な情報を載せて頂いているサイトと作者様に感謝。

ドラッグ&ドロップでファイル名を取得する
コマンドプロンプトを作ってみよう

それでは肝心のバッチファイルです。

FileName_170706_rev2.bat
MD5:6D314845BED80C418FC8569803BCEE43

Win10 にて動作確認。
使用にあたり、どのような不具合が起きても自己責任にてお願いします。

使用方法は任意のフォルダに置いて
初期設定のためにメモ帳で開きます。

出力結果ファイルを指定 と
出力結果ファイルを開くエディタを指定 を好みに書き換えて下さい。
※初期設定では Cドライブに結果ファイルを、メモ帳で開く

保存したら使用準備は完了です。

ファイル名 ( その他 )を取得したいファイルをドラッグして下さい。
※複数の取得が可能です、ただし数百とかは無理です、数十程度で
 ( ファイル数が多い場合は勝手に落ちます )

画面が出るので取得したい情報の番号を押して下さい。
※ファイルをドラッグしないで起動した場合は
 どの数値を押しても意味なしです

結果が指定したファイルに書き出されて
指定したメモ帳で開きます。

一応ファイルをドラッグした画面です。

FileName_170706_rev2_001.png

一応取得出来る情報は
以下の7種類です。

・フォルダ+ファイル名+拡張子
・フォルダ
・ファイル名 (拡張子なし)
・ファイル名 (拡張子あり)
・拡張子
・日時・時刻
・ファイルサイズ

これらは一番上のリンクのサイト等を見て書き換えれば
自由に?書き換えられますので各自弄って下さい。

それでは。
以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

ドラッグ&ドロップでファイル名を取得する
コマンドプロンプトを作ってみよう

この記事へのコメント

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考+スキゾイド傾向
    去る者は追わず来る者は拒まず ( 人の悪意には敏感 )
・趣味:読書、パソコンを快適にする設定を探しにWeb旅行
    得た知識でブログの執筆
・一言:どうも、気ままさんと申します。
    需要のあるなしは関係なく、私が気に入った役に立った事を
    書いており必要な方が好きに観覧して頂ければと。
    私に出来ることは情報を収集し、まとめ、書き出すのみ。
    しがないブログではありますが何かのお役に立てれば。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビュー 2 はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター