ATOK 2017 推測候補の自動表示 自分で打った方が早い?

ジャストシステム直営ECサイト Just Myshop にて ATOK 2017 を購入。

機能の一つである推測候補の自動表示なのですが
こうしてブログを書いていて

自動候補が出れば便利かなと思っていて ON にしていて
しばらく。

・・・自分で打った方が早い?気がしないでもない。

キーを打ち終わって確定すると候補が出るのですが
出た文字の一覧を見て次打とうとする文字があれば

十字キーで選択するのですが
当然のごとく自分の打とうという文字が出ればいいのですが

出ない場合がありまして
自分で打った方が早い気がしてきた。
※学習していけば出るようになるのかな?

自分の打とうとしている字が出ればいいのですが
おっと、今 「出れば」 で区切ったら 「いいのですが」が
出ました。

ATOK2017_Suisiku_170208_001.png

こうしてちゃんと出ればいいのですが
慣れですかね、自分の打つ文字と候補を両方見るの疲れる。

しばらく ON にしてみて馴れなかったら OFF にしましょうか。
強制ではないのだし。

ちなみにキーボードを打つのを慣れていなくて遅いって方には
この機能は便利の様です。

ただしキーボードに慣れていない人は
出てくる候補を読むのにも慣れていないはずなので

どうでしょう、人により便利と取るか不便と取るか
難しい機能ですね。

ちなみに設定は 設定画面より
入力・変換タブ → 推測変換 → 確定直後に推測候補の自動表示を行う

推測変換の出る候補の数は 右の詳細設定 → 自動表示する候補数 で
変更可能。

以上。

この記事で紹介している商品はこちら

ジャストシステム直営ECサイト Just Myshop
・ATOK 2017 を Amazon / 楽天市場 / Yahoo! で検索する。
Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

ATOK 2017 日本語入力オンし忘れても日本語変換できる機能が便利。
ATOK 2017 キーのカスタマイズ方法。
ATOK 2017 入力・変換時の背景色も変更可能、まぶしくないよ。
ATOK 2017 1ヶ月使用してみて。
ATOK 2017 2ヶ月使用して。
ATOK 2017 右クリックで出る「ATOKで学習」のメニューを消す。
ATOK 2016 アプリごとに設定を使い分ける(学習含む)
ATOK Cドライブから辞書を移動する。
ATOK 変換候補に出る辞書名を消す。この表示→《略語》
JUSTオンラインアップデートをネットからダウンロード。
ATOK 2017 を4ヶ月使用。 変換が馬鹿になる設定→辞書多過ぎ
ATOK 2017 1年使用して。
ATOK 2017 令和に対応の修正パッチ配布

"ATOK 2017 推測候補の自動表示 自分で打った方が早い?" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考
    スキゾイド傾向
    去る者は追わず、来る者は拒まず
・趣味:読書、ブログ ( 情報の In / Out )
    プログラミング ( 素人 / 独学 )
    パソコンを少しでも快適に設定する
・一言:ご観覧ありがとうございます。
    自分で購入したり行ったという類の商品レビューを扱うサイトです。
    他のサイトより情報を集め、使ったように見せかけレビューをしているではありません。
    プログラミング的思考な性格のため商品のワクワク感をお伝えしたり
    購入を後押しする表現は使えませんが、逆に考えますと
    過度に評価を高めたり誤解させるような類の表現はいたしません。
    私が感じた情報を提供するのみであり、判断は皆様のご自由にがモットー。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビュー 2 はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター